スポンサードリンク

林家で四日市ブラックという黒い醤油ラーメンを食べてみた


三重県四日市市の四日市シティホテルに宿泊した際、
ホテル入口正面エントランスの向いにあるラーメン屋
林家で四日市ブラックという醤油ラーメンを食べてみました。


林家へラーメンを食べに入ったのは深夜2時頃という真夜中で、
翌日早朝に四日市市を発たねばならなかったため、
早朝まだ開店前の店舗入口写真となってしまっております。

四日市林家店頭入口.JPG

さて、四日市市のラーメン屋林家の出すラーメンについてですが、
四日市ラーメンというご当地ラーメンというわけでは全然なく、
札幌ラーメンの系譜を受け継ぐラーメンのようであります。
本当は四日市ラーメンを食べたかったのですが、深夜という時間帯と
諏訪栄町周辺は風俗関係の客引きが非常に激しくて散策しにくく、
ホテル前のラーメン屋林家で手を打ったというわけです。

四日市林家店内.JPG

四日市市のラーメン屋林家のラーメンスープは5種類。
醤油、塩、味噌、カレー、エビみそというバリエーションで、
そのうち最もお勧めという醤油が四日市ブラックと呼ばれるスープ。
ラーメンでブラックといえば、元祖ブラックラーメンスープの
麺家いろは富山ブラックラーメンのまろやかな味を思い浮かべましたが、
つい最近は房総竹岡式という、同じく真っ黒な醤油ラーメンスープでも
とんでもなくしょっぱく塩辛いラーメンにも遭遇したものですから、
この四日市ブラックラーメンは果たしてそのどちらなのかと
酔って朦朧とした頭で戦々恐々としながらオーダーしたのです。
注文後暫くして出されたラーメンは、漆黒の黒い醤油スープの表面に
細かい脂の輪が薄く漂うどことなく優しい味わいを連想させる表情です。

林家四日市ブラック醤油ラーメン.JPG

スープに浮かぶ脂の層は極めて薄く、しつこくはなさそうな雰囲気。

林家四日市ブラック醤油ラーメンスープ表面.JPG

それでも脂の層の下には醤油スープの漆黒の闇の世界が広がっており、
しょっぱく塩辛いのか、見た目に反してマイルドな風味のスープなのか
緊張感は高まるばかりであります。

林家四日市ブラック醤油ラーメンスープ.JPG

四日市ブラックラーメンの麺はコシの強い黄色の中太ちぢれ麺で、
北海道は札幌西山製麺の系列の麺に近い食感です。
旨い札幌ラーメンを標榜する林家らしい選択といえるでしょう。

林家四日市ブラック醤油ラーメン麺.JPG

さて、林家の四日市ブラック醤油ラーメンを食べた感想ですが、
見た目に反してしょっぱさ塩辛さは無くマイルドな風味でした。
脂分も感じられずさっぱりとして後を引く風味と味わいは、
麺家いろは富山ブラックラーメンと同系列の味わいです。
富山ブラックはラーメンショーでも2年連続でトップを取った事で、
その味わいが模倣され各地へ普及拡散しているのかもしれません。
そういえば東京ラーメンショー2012には大阪ブラックなるラーメンも
出店されていたくらいです。
いずれにしても、林家は四日市市繁華街中心部と店舗立地も良く、
深夜まで営業していてお値段も手頃なラーメン店としてお勧めです。
個人的にはエビみそ味にもトライしてみたかったです。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。