スポンサードリンク

成城学園前シュベール(成城フルール味の街)でパスタランチを食べてみた


成城学園前北口の成城フルール味の街2階にあるシュベールへ
パスタランチを食べに行ってきました。
成城学園前は土日にカフェでお茶をしに良く訪れているのですが、
駅北口の成城石井ストアの手前にある成城フルールの2階の
喫茶店兼レストラン「フルール」のパスタランチのメニュー看板が
以前からとても気になって、いつか行ってみたいと思っていたのです。


成城学園前北口成城フルール入口.JPG

成城学園前北口の成城フルールは、昭和の時代を感じさせる佇まいの
駅前複合商業施設ビルであります。
ビルの中〜上階は賃貸住居・オフィススペースとなっており、
1階部分は花屋・文房具店、2階3階が飲食店フロアー「味の街」です。

成城フルール味の街店舗案内.JPG

今回訪問したコーヒーショップ「シュベール」は2階フロアーにあり、
その外観は昭和の良き時代を彷彿とさせる洋食喫茶の佇まいであります。

成城学園前シュベール入口付近.JPG

成城学園前シュベールの店内は採光も良く明るい雰囲気に溢れており、
客席の椅子もソファータイプなので座り心地も上々であります。

成城学園前シュベール店内客席.JPG

成城学園前シュベールのランチセットにはサラダが付きます。
酸味のあるクリーミーなフレンチドレッシングがフレッシュな味わい。

成城学園前シュベールランチセットの付け合せサラダ.JPG

今回オーダーしたパスタのうちの一つは、トマトとアボガドチキンの
ジェノベーゼスパゲッティーであります。
ボイルして裂いた鶏胸肉と和えたジェノベーゼスパゲッティーの周囲に
フレッシュトマトを添えるという調理スタイルです。

成城学園前シュベールトマトとアボガドチキンのジェノベーゼ.JPG

パスタの麺にジェノベーゼソースがたっぷりと絡んで中々のお味かと。

トマトとアボガドチキンのジェノベーゼスパゲッティー.JPG

もう一品の注文は、ぷりぷり海老とヤリイカのトマトクリームソース
スパゲッティー(15穀パン付き)でございます。
全部で5種類あるパスタランチのうち、15穀パン付が付いているのは
この海老とヤリイカのトマトクリームソーススパゲッティーなのですが、
何故このスパゲティーだけに付いているのかは謎です。

成城学園前シュベールぷりぷり海老とヤリイカのトマトクリーム.JPG

ブロッコリーも一緒に和えられた海老とヤリイカのトマトクリームは、
トマトクリームソースの酸味とクリーミーさがマイルドな風味です。

海老とヤリイカのトマトクリームソーススパゲッティー.JPG

成城学園前シュベールのランチセットは、季節毎の食材を活かし、
シーズン毎に季節感のあるメニューへマイナーチェンジしています。
成城学園前シュベールのランチパスタは、スパゲッティーの茹で方が
特にアルデンテという訳でもないし、それぞれのパスタソースにしても
恐らく業務用ソースを使い、具材から出るダシをソースに溶け込ませる
という調理法もとっていないため、季節毎の旬の食材を具材にしても
その基本的な味わいは殆ど変わらないものと思われます。
そうはいっても、成城学園前駅前という一等地的な立地にも関わらず、
800〜900円代のお値段でサラダとドリンクも付く(大盛りは+100円)
という価格設定ならB級グルメ的には文句の付けようもないでしょう。
成城学園前付近の地元民にも愛されているらしく、休日のお昼時には
入店待ちのお客がレジ前で行列の状態になります。
さて、成城学園前シュベール来店には一点だけ注意点があります。
店内は分煙で喫煙可ですが、喫煙スペースとの間に仕切り等も無いため、
禁煙席でも結構タバコの臭いが気になります。
洋服にも煙草の臭いが付いてしまうのでタバコが苦手な方は苦痛でしょう。
そんな訳で、CPや使い勝手はいいお店ですが、煙草の煙や臭いが苦手な
私の再訪は、よほどの事がない限りないという残念な結論となりました。
せめてランチタイム位は全席禁煙にしていただけないものでしょうか。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。