スポンサードリンク

霜月亭へフレンチのフルコースランチを食べに行ってきました


町田市の霜月亭へフレンチのフルコースランチを食べに行ってきました。
霜月亭は町田市郊外の川沿いの竹林の傍らにある洋館風のレストランで、
フレンチに和食のテイストを融合させたヌーベルキュイジーヌ的料理の
完全予約制レストランです。
完全予約制とはいえ、交通の便も悪いちょっと辺鄙な場所にあるので、
経営が成り立つのかな?と要らぬ心配もしてしまいましたが、
近くに白洲次郎・白洲正子の邸宅であった武相荘があって、
霜月亭のある場所は白洲正子の散歩道だった経路上にあるということから、
武相荘の拝観者がお客さんとして結構訪れているようです。

霜月亭入口.JPG


霜月亭の出店立地と、大正時代の洋館を思わせる重厚な外観・内装は
白洲次郎・白洲正子の武相荘にターゲッティングしたものといえそうです。
霜月亭の内部は2階天井部分まで吹き抜けの開放感ある造りになっていて、
内装や調度品も武相荘の洋間キッチンのようにレトロで重厚な雰囲気でした。

霜月亭客席フロアー1.JPG

霜月亭客席フロアー2.JPG

霜月亭客席フロアー3.JPG

それでは、早速、霜月亭のフレンチのフルコースランチをご紹介いたします。
まず前菜は、サーモンとジャガイモのクレープ包みです。
つけ合わせの野菜もたっぷりでヘルシー、嬉しい♪

霜月亭サーモンとジャガイモのクレープ包み.JPG

スープはカボチャの冷たいスープ。
冷製ですが南瓜の甘味がたっぷりでコクがあって美味しいです。

霜月亭カボチャの冷たいスープ.JPG

メインの一つ、魚料理はメダイのポワレ・アメリケーヌソースです。
淡白ながらも脂の乗った新鮮なメダイに、エビの風味の出汁の効いた
濃厚なアメリケーヌソースがベストマッチです。

霜月亭メダイのポワレ・アメリケーヌソース.JPG

もう一つのメイン、肉料理は牛フィレステーキきのこソースです。
柔らかな牛フィレステーキに濃厚なバター風味のきのこソースが
コクと甘味を加えていました。

霜月亭牛フィレステーキきのこソース.JPG

ご飯ものはさつま芋・舞茸の炊き込みご飯とお新香、お味噌汁。
サツマイモの炊き込みご飯は初体験でしたが、炊き込みご飯の塩味が
サツマイモの甘さを引き立てて中々のお味でした。

霜月亭さつま芋と舞茸の炊き込みご飯.JPG

デザートは白ゴマのブラマンジェ。
アイスクリームに柿、巨峰も添えられ季節感もバッチリです。

霜月亭白ゴマのブラマンジェ.JPG

食後の濃厚な香り高いコーヒーでランチフルコースは終了です。

霜月亭食後のコーヒー.JPG

このように、完全予約制フレンチの霜月亭ランチフルコースは、
訪問時の10月中旬という秋の季節感溢れる食材で楽しませてくれました。
このレベルになると、もはやB級グルメと呼ぶのは失礼千万で
立派な第一級のA級グルメの食事でありますが、武相荘拝観後に
白洲正子の散歩道散策経由で訪れるには絶好のスポットですので、
予約してお出かけになってみると良いと思います。


| 洋食
スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。