スポンサードリンク

青森新津軽ラーメンこく煮干しを東京ラーメンショー2012で食べてみた


青森県津軽地方を代表する煮干しだしの津軽ラーメンの新たな形
新津軽ラーメンこく煮干しが東京ラーメンショー2012に出店する
と聞き、早速その味を確かめに食べに行ってきました。
津軽ラーメンは津軽そばから発展した煮干し出汁のラーメンで、
その歴史は昭和初期まで遡るという歴史のあるご当地ラーメンです。
東京ラーメンショー2012への出店は、長尾中華そば、出し屋、五丈軒、
中華そばひらこ屋、マルミサンライズ食堂からなる津軽ラーメン煮干会。
近年、青森県津軽地方で人気となっている津軽ラーメンの進化形、
こく煮干しラーメンを引っさげての出店でございます。

新津軽ラーメンこく煮干し東京ラーメンショー2012.JPG

青森新津軽ラーメンこく煮干しのブースの店頭まで行列を進むと
強烈な煮干を炊いた香りが周囲に漂っています。
店頭に置かれている箱を見ると、いりこと、煮干いわしの箱ですが、
香川県伊吹島、愛媛県南宇和郡と、両方とも瀬戸内海産の食材です。
温暖化等で生態系も変わってしまっているので、煮干の仕入れも
青森産のみで賄うという訳にはいかない事情は大いに理解できますが、
イベント自体がご当地ラーメンを競うフェスティバルなのですから、
こういった舞台裏事情を客に分かるように表に出してしまうのは、
あまりにも無神経でずさんなブース運営といわざるをえませんね。
明らかに地元産でない食材の箱はバックヤードに隠しておくべきです。
これでは食べる前から興醒めしてしまうというものですよ。

新津軽ラーメンこく煮干し使用の煮干類.JPG

さて、津軽ラーメンの進化形と云われる「こく煮干しラーメン」、
動物系食材を多く使った濃厚なスープが特徴との言葉どおり、
スープは茶褐色に白濁して豚骨魚介系ラーメンの様相を呈しております。
見た目は同じく魚介風味の効いた旭川ラーメンのようでもありますね。

新津軽ラーメンこく煮干し.JPG

新津軽ラーメンこく煮干しスープ.JPG

こく煮干しラーメンの麺は、煮干し本来の味を楽しめるようにと
かん水無添加で、しかも小麦にはプライムハート種を使用することで、
力強いスープに負けないモチモチ感を出すことに成功しているとのこと。

新津軽ラーメンこく煮干し麺1.JPG

確かに中太のストレート麺は、モッチリした歯応えで麺の表面もなめらか。
小麦の旨味もそこそこ感じられるなかなかの仕上がりと感じました。

新津軽ラーメンこく煮干し麺2.JPG

トッピングに追加した味付け煮玉子は、黄身の茹で加減が極限まで半熟で、
白身にも黄身にもしっかりと味が染み込んだなかなかの逸品でありました。

新津軽ラーメンこく煮干し味付け煮玉子.JPG

そうした個々のパーツの美味しさはあっても、個人的に疑問に思ったのは、
エグ味すら感じるほど強く煮干味が出た濃厚スープの味わいです。
動物系食材を多く使用することで白濁させコクを出した煮干しスープは、
煮干味が強く出すぎているのか妙な苦味を感じるだけで旨味を感じません。
一般的な豚骨魚介ラーメンスープが持つような、動物系のコクと旨味の上に
魚介系の芳香が香るハーモニーが感じられず、煮干しの苦味の後ろで、
愚鈍で煮え切らないまったり感をただ持て余しているような風味なのです。
煮干風味の強いスープなら、清湯スープで切れのある透明感に仕上げるか、
動物系風味のコクのある味わいのスパイス的な使い方にするべきでしょう。

東京ラーメンショー2012で食べた新津軽ラーメン「こく煮干し」は、
美味しく食べられたかと聞かれれば、まぁそれなりに美味しかったですが、
再度リピーターとして食べるか?と聞かれればその答えはノーです。
もう一度、津軽そばの原点に返って、煮干しという食材の扱い方を
再考してみるべきではないでしょうか。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。