スポンサードリンク

松山市のあづま家で魚介系ラーメンの節の香りを堪能してみました


四国最大の都市、愛媛県松山市に旅行へ行き、
松山全日空ホテルに泊まった際、お酒を呑んだ後にラーメン食べたい
という成人病予防的見地からは全くもってお勧めできない衝動に駆られ、
ホテル近くの松山一番町、二番町周辺のラーメン屋を探してみました。
まず最初に博多一風堂が目に止まりましたが、わざわざ四国松山に来てまで
全国展開チェーンの博多一風堂でラーメンを食べるのも芸がないよなぁ。。
そもそも過去に博多一風堂恵比寿店でラーメンを食べ、その結果、
巷の評価ほどの味ではないという博多一風堂の本当の姿は知っているわけです。

次にアーケード商店街大街道内で見かけた福岡久留米の豚骨ラーメン店
久留米豚骨しぼりの「満洲屋が一番」が目に留まりました。
創業28年という豚骨ラーメン発祥の地の久留米の老舗の味らしいですが、
創業年の古さを掲げたラーメンチェーン店に旨い店なし!というのが
私が美味しいラーメン屋とまずいラーメン屋を見分ける際の基準なので
この「満洲屋が一番」もパスであります。

そもそも、わざわざ四国愛媛の松山まで来たのでありますから、
地元松山のご当地ラーメンである松山ラーメンなるものはないのか?
もし松山ラーメンというものがないのなら、最低でも瀬戸内海という
魚介の宝庫を活かした山陽・四国地方のご当地ラーメンが食べたい
というのが私の強い欲望でありました。

そんな中で見つけたのは、大街道脇にあるカウンター席のみの2軒。
朝6時過ぎまで営業している松山ラーメンのお店「かあちゃん」と
尾道ラーメンのお店「十銭」であります。
しかし、どちらのお店もお客さんが全く入っておらず客ゼロの状態。
暫く周囲を散策して何度か店の前を通り過ぎる際に店内を覗いても
一向にお客さんが入っている様子は見えません。
いくら地方都市とはいえ、四国最大の人口50万人を超える松山市の
中心繁華街である二番町の飲食店街に店舗を構えていて客ゼロ状態では
ちょっと入店をはばかられるというものであります。

そんな中で発見したのが、同じく大街道脇の二番町にあるラーメン店
「魚介系らーめん あづま家」であります。


松山魚介系らーめん あづま家入口.JPG

店構え的には最近流行りの民家居酒屋系の店舗外装&内装であり、
入口には「学割 大盛り無料!」の張り紙がされるなど、
若い子向けのガッツリコッテリ系ラーメン店かもとの危惧もありますが、
入口の口上では、じっくりコトコト煮出した鶏ガラトンコツスープに
イリコ、鯵節、鯖節、鰹節という瀬戸内海の魚介の旨味をぎゅっと詰めた
節系・魚介系ラーメンということですし、先客もチラホラいるようなので
意を決して「魚介系らーめん あづま家」に入店することとしたのです。

松山魚介系らーめん あづま家入口の口上.JPG

魚介系らーめん あづま家のメニューはいくつかのバリエーションがあり、
魚介系しょうゆラーメンにも濃厚なコッテリと普通の2種類があります。
私は年齢と生活習慣病の進行度合いも考え、普通の醤油ラーメンをオーダー。
出てきた魚介系らーめん あづま家の醤油ラーメンは、
シンプルな佇まいの丼から魚介系節の香りが立ち上る香り高い一品です。

松山魚介系らーめん あづま家の醤油ラーメン.JPG

しかし、こってりではなく普通の醤油ラーメンを注文したにもかかわらず
スープ表面は5mmほどの分厚く光るラード系脂の層が覆っています。
普通の醤油ラーメンでこの状態だと、こってり醤油ラーメンの場合は
一体どんなことになってしまうのでしょうね。。

松山魚介系らーめん あづま家醤油ラーメンスープ表面.JPG

ただ、魚介系節の香りが薫るスープの味自体は悪くはないです。
支那そば系の細いストレート麺もスープの味に合っていて美味しく頂けます。

松山魚介系らーめん あづま家の醤油ラーメンの麺.JPG

チャーシューも味が良く染みていて全体のバランスもよろしいです。

松山魚介系らーめん あづま家醤油ラーメンチャーシュー.JPG

ということで、魚介系らーめん あづま家の醤油ラーメンは、
美味しいか不味いかといわれれば美味しいラーメンだと言えるのですが、
スープ表面を覆うラードなのか香味油なのかの脂分がちょっと過多ですね。
脂分を抑えてもっとスープの切れ味を増した方が美味しいのではないかと
個人的には思いますが、入店前にも感じたように、顧客ターゲット層が
若年層向けということで、きっとコッテリ指向の味付けなのでしょう。
一見すると魚介系の風味漂う支那そば系ラーメンなので、呑んだ後とかの
締めのラーメンに最適とのイメージを持ちやすいでしょうが、
呑んだ後の胃腸にとってはあまり優しくない脂の多さのラーメンだと思います。
特に生活習慣病検診数値の良くない方は、常食には注意が必要なラーメンです。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。