スポンサードリンク

佐世保バーガーを代々木バーガーズベース/BURGER'S BASEで食べてみた


代々木周辺をぶらついていたら小腹が減ってしまったので、
御天の博多豚骨ラーメンを食べようと思って行ってみたら閉店中。
そこで、ZATS BURGER CAFE/ザッツバーガーカフェの佐世保バーガーを
食べようと足を運んでみると、何やらお店の外観が微妙に変わっている模様。


代々木バーガーズベースBURGER'S BASE外観.JPG

お店の前まで辿り着くと、ZATS BURGER CAFE/ザッツバーガーカフェでなく
バーガーズベース/BURGER'S BASEというお店に変わっていました。

代々木バーガーズベースBURGER'S BASE店頭.JPG

店名は変われど、バーガーズベース/BURGER'S BASEという名前の通り、
ハンバーガー専門店のショップであることに間違いはないようです。
店内に入ってみると、何と嬉しいことに、毎月8日はハンバーガーの日
ということで、来店日の今日は佐世保バーガー単品が500円とのこと。
通常時の価格が780円ですから、かなりお得なサービスキャンペーンです。
元々、佐世保バーガーを食べに来たわけですから、ここは迷うことなく
バーガーズベース/BURGER'S BASEの佐世保バーガーをオーダーしました。

代々木バーガーズベースBURGER'S BASEハンバーガーの日.JPG

バーガーズベース/BURGER'S BASEの店内は、カウンターガラスケースなど
内装はZATS BURGER CAFE/ザッツバーガーカフェ当時のままです。
ZATS BURGER CAFE/ザッツバーガーカフェは、ブームに乗った出店攻勢で
多店舗展開をしていましたが、そのことが災いしたのか支店撤退が相次ぎ、
また、佐世保バーガー、ザッツバーガーカフェを騙ったフランチャイズ詐欺
にも巻き込まれてしまったようで、すっかり名前を聞かなくなっていました。
ネット上の情報では、残った店舗も全て名前を変えて営業しているようです。
一方で、WEBサイトはZATS BURGER CAFE/ザッツバーガーカフェ当時のままで、
撤退・閉店した店舗もそのまま掲載されているという放置状態であり、
企業としての姿勢を問われても仕方のないずさんな運営姿勢は、
もうちょっと何とかならないものかなぁと思います。

代々木バーガーズベースBURGER'S BASE店内.JPG

さて、オーダーして約10分程度で運ばれてきた佐世保バーガーですが、
両面を香ばしく鉄板で焼いたバンズに挟まれたパティ、目玉焼き、チーズ、
トマト、レタスという佐世保バーガーならではの組み合わせは以前のまま。

代々木バーガーズベースBURGER'S BASE佐世保バーガー.JPG

肉厚ベーコンも適度に脂を落として香ばしさと肉の旨みを引き出した
絶妙のソテーで焼加減もよろしいです。

代々木バーガーズベース佐世保バーガーのベーコン.JPG

そしてチーズのトロけ具合は視覚的にも食欲を掻き立てる絶妙なスパイス。

代々木バーガーズベース佐世保バーガーの溶けたチーズ.JPG

ということで、バーガーズベース/BURGER'S BASEの佐世保バーガーは、
ハンバーガーとしては十分に食べ応えのある美味しさでありました。
しかし、それはある意味、毎月8日ハンバーガーの日の特別価格、
ワンコイン500円という価格であればこそと感じたことも事実です。
通常価格が全てのメニューで700円〜800円代の後半という価格設定なら
果たして同じような満足感かというと相当に疑問であります。

代々木バーガーズベースBURGER'S BASEのメニュー.JPG

確かにファーストフードのハンバーガーチェーン店以上ではあるけれど、
ハンバーガー専門店未満のクォリティーと味という位置付けであるならば
価格設定が中途半端に高すぎるのではないかと感じます。
その辺の煮え切らなさとCP感の悪さが、一過性のブームが過ぎた後に
一気に経営状態が悪くなった1番の原因のような気がするのですが。。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。