スポンサードリンク

Leonard's(レナーズ)のマラサダを横浜ハワイアンタウンで食べてみた


Leonard's(レナーズ)のマラサダを横浜ワールドポーターズに出来た
ハワイアンタウン内にあるLeonard's(レナーズ)へ食べに行きました。
Leonard's(レナーズ)のマラサダといえば、ある意味でハワイの定番
ともいえるオアフ島名物のハワイアンローカルフードですが、
マラサダが名物の1952年創業・老舗ベーカリーLeonard's(レナーズ)は
ワイキキ中心部から少し離れた場所にあって徒歩で行くには不便なので
オプショナルツアーの行程に組み込まれていないとなかなか行きにくい
という、ある意味で幻のハワイアンローカルフードスィーツでした。
そんなLeonard's(レナーズ)ベーカリーの支店が横浜にオープンした
横浜ワールドポーターズのハワイアンタウン内に開店したと聞き、
日本に居ながらにしてあのマラサダが食べられる♪と出かけてみたのです。
Leonard's(レナーズ)のあるハワイアンタウンが入るショッピングモール
横浜ワールドポーターズは、横浜みなとみらい地区にあり、
JR桜木町駅のランドマークタワー側バスターミナルから海側を眺めると
大きな観覧車の右側にあるのですぐ分かりますよ。

桜木町駅から望む横浜ワールドポーターズ.JPG

交差点を渡って路面がウッドデッキになった汽車道を進んで行くと
程なくして横浜ワールドポーターズの入口になります。

横浜ワールドポーターズ.JPG


横浜ワールドポーターズは多数のショップやシネマコンプレックスもある
非常に巨大なショッピングモールですが、汽車道側から入った場合は、
2階フロアーが入口なので、ひとつ階を下がって1階フロアーへ行くと
ハワイアンタウンの入口がすぐに分かりますよ。

横浜ハワイアンタウン入口.JPG

横浜ハワイアンタウン内のLeonard's(レナーズ)ベーカリーの支店は、
フロアー奥にあり、ガーリックシュリンプのBLUE Water shrimp
横並びに位置しています。

Leonard's(レナーズ)横浜店.JPG

店頭で多少行列待ちをしている場合もありますが、
ある程度作り置きをしてあるので、それほど待たずに買えますよ。

Leonard's(レナーズ)横浜支店店頭.JPG

さて、Leonard's(レナーズ)の名物マラサダとはそもそも何か?
といいますと、ポルトガル風の揚げドーナツパンの事であります。
中身はふんわりもっちりしっとりとしたソフトな食感ながらも
周りはカリッとしていて砂糖がまぶされ素朴な懐かしい味わいで
ついつい何個でも食べられちゃいそうな優しい魅力があります。
Leonard's(レナーズ)のマラサダにはいくつかのメニューがあり
味のバリエーションを選べますが、まずはオーソドックスに
プレーンのマラサダを注文してみました。

Leonard's(レナーズ)のマラサダプレーン.JPG

Leonard's(レナーズ)のマラサダプレーン断面.JPG

もうひとつは南国ハワイらしいトロピカルなテイストをと思い、
マンゴーのマラサダを注文してみました。
こちらは中身にマンゴー味のカスタードクリーム入りです。

Leonard's(レナーズ)のマラサダマンゴー.JPG

Leonard's(レナーズ)のマラサダマンゴー断面.JPG

ハワイアンタウン内のLeonard's(レナーズ)には、店舗脇に
専用の飲食スペースも用意されていますので、
買ってすぐのアツアツをその場で食べることもできますし、
ブラブラと近くを散策しながら食べるというのも楽しいですね。
お値段もお手頃価格ですので、ハワイ旅行で食べ逃した!
という方は、横浜ハワイアンタウンへ行ってリベンジしましょう。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。