スポンサードリンク

高崎だるま地粉うどんを群馬土産に買って帰り食べてみました


群馬県高崎市の実家へ帰省した際、JR高崎駅の売店で
だるま形のパッケージに入った高崎だるま地粉うどんを見つけ
お土産に買って帰り自宅で作って食べてみました。
群馬県は古くから良質な小麦の産地であるためうどんが名物で
群馬県南部の館林うどんの他、西毛地区の高崎周辺では
水沢うどんが以前からご当地うどんとして有名な土地柄です。
群馬県も最近はご当地ゆるキャラのぐんまちゃんをマスコットに
くぐっとぐんまという観光キャンペーンにも力を入れているので、
だるま形の紙の入れ物に入ったこの「高崎だるま地粉うどん」も
そんな群馬の観光戦略のひとつなのかもしれません。

高崎だるま地粉うどんパッケージ.JPG

高崎だるま地粉うどんは、群馬県産の小麦ブランド「絹の波」を
100%使用したまさに群馬県のごとうちグルメともいえるうどんです。
小麦作りに適した気候風土に恵まれた国内有数の小麦の産地である
群馬県産絹の波の地粉を使い打ち上げられた高崎だるま地粉うどんは、
香り高く深い味わいとともに、絹のような滑らかさとコシを併せ持ち
ツルツルとした食感が特徴だということです。
そんな地粉を使ったうどんの美味しさを堪能する食べ方としては、
やはり冷やしざるうどんが1番と思い、作ってみました。
トッピングはトロロおぼろ昆布を散らしております。

高崎だるま地粉うどん調理例.JPG

高崎だるま地粉うどんの麺は、角が立った中太の麺です。
歯応えはちょっと固めで滑らかさというよりコシを感じる仕上がり。

高崎だるま地粉うどんの麺1.JPG

麺の表面にざらついた細かい凹凸があるので、つけ汁に良く絡み
スープの持ち上げが良い麺であるといえます。

高崎だるま地粉うどんの麺2.JPG

高崎だるま地粉うどんの麺3.JPG

高崎だるま地粉うどんは、田舎風のうどん麺という印象でしたが、
何と言っても高崎だるまをイメージしたパッケージが印象的で、
お値段も手頃なので高崎みやげとしてはイチオシであります。
JR高崎駅改札内の売店で売っていますので是非、チェックを。
以前からの群馬名物「水沢うどん」も併せて売られていますので、
余裕のある方はそちらも是非、試してみてくださいね。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。