スポンサードリンク

百草園アルティジャーノでモグサファーム牧場ジェラートを食べてみた


京王百草園にアジサイを見に行った帰り道のついでに、
モグサファームの新鮮な牛乳で作ったこだわりの手作りジェラートを
百草ファーム直営店アルティジャーノ・ジェラテリアで食べてきました。
京王百草園入口の道路の向い側に手作りジェラート・ソフトクリームという
モグサファームの看板を見つけたのが来店のきっかけであります。
丁度初夏の季節で喉も渇き気味だったこともあり、付近の散策ついでにと
来た道とは反対方向のモグサファーム方面へ足を伸ばしてみたのです。

モグサファームジェラート道順の看板.JPG

京王百草園入口からモグサファーム方面へと坂道を降りること約10分、
香ばしくも懐かしい牛糞の香りがあたり一面に漂い始めたと思うと、
モグサファームの牛舎が道沿いに現われました。

モグサファーム牛舎.JPG

しかし、肝心の牧場直営ジェラート・ソフトクリーム店である
Artigiano Gelateria/アルティジャーノ・ジェラテリアの店舗は
メニューを掲載したポスターこそ牛舎脇の塀に貼られているものの
陰も形も見当たりません。ひょっとして潰れてしまったのか?
そもそも、こんな辺鄙な場所で経営が成り立つはずもないよね…
山道を下り京王線百草園駅方面を目指して川越街道まで出ると
何やら北海道のサイロをモチーフにしたような店舗の建物が。
もしやと思って歩を進めると、ありました!

アルティジャーノ・ジェラテリア店舗.JPG

百草ファーム直営ジェラート店アルティジャーノ・ジェラテリアは
牧場付近ではなく、何と川越街道沿いにあったのです。


アルティジャーノ・ジェラテリア店舗入口.JPG

アルティジャーノ・ジェラテリアは百草ファームで採取された
絞りたての新鮮な牛乳の生乳を使って鮮度にこだわって作られた
ジェラートをベースに様々な味付けが楽しめます。

アルティジャーノ・ジェラテリア店頭.JPG

どれにしようか色々と目移りして悩むところですが、ここはやはり
まずはプレーンな「しぼりたてミルク」は外せないということで
そこに同じくプレーンな生乳のみの「ヨーグルト」をコンビにチョイス。

百草ジェラートしぼりたてミルク・ヨーグルト.JPG

もうひとつは、お勧めメニューのミルクベリーにブルーベリーと
フレッシュなフルーツフレーバーを選んでみました。
(ミルクベリーは絞りたてミルクにストロベリー、ブルーベリー、
ブラックベリー、ラズベリーというベリー系ソースを混ぜたもの)

百草ジェラートミルクベリー・ブルーベリー.JPG

アルティジャーノ・ジェラテリアの各種ジェラートアイスは、
どのフレイバーも新鮮な牛乳とフルーツの酸味が舌に爽やかな風味で
美味しく満足できるお味でありました。
その中でも特筆すべきは「ヨーグルト」の濃厚かつ鮮烈な風味です。
ヨーグルトらしい爽やかな酸味を保ちながらもチーズを連想させる
濃厚な後口なコクが素晴らしく、百草ファームの絞りたて生乳の
牛乳のクオリティーの高さを十分に感じさせるものでした。
あなたも百草園付近にでかけたら百草ファーム牧場直営ジェラート店
Artigiano Gelateria/アルティジャーノ・ジェラテリアにGOですよ。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。