スポンサードリンク

中野牛タン唐兵衛(とうべえ)で牛たん麦とろ定食を食べてみた


中野牛タン唐兵衛(とうべえ)へ、休日のランチタイムに
牛たん麦とろ定食を食べに行ってきました。
実家から母が上京した際に、中野を散策していた際に
ランチ昼食を食べに立ち寄ったのです。
中野牛タン唐兵衛(とうべえ)は、中野駅北口アーケードの
サンモール商店街と中野ブロードウェーの境目を通る
小さな路地のしんみち通り側にあります。


中野で牛たん麦とろ定食を食べられる定食屋といえば、
以前は中野ブロードウェイ2階に専門店があったのですが、
時代の流れの中で閉店してしまいました。
そんな中で新たな中野の牛たん麦とろ定食の専門店として
オープンしたのが中野牛タン唐兵衛(とうべえ)であります。
唐兵衛のあるこの路地は、多数の飲食店が軒を連ねており
激安タウン中野の面子をかけて互いに凌ぎを削っています。

中野牛タン唐兵衛店頭.JPG

そんな飲食店激戦区の中で、中野牛タン唐兵衛(とうべえ)は
食事時には店主自らが店頭で懸命に客の呼び込みをするなど
汗水垂らした涙ぐましい真摯な営業努力を積み重ねており、
その店主の姿を見るにつけ、いつかお客で来店するからね!
と心に誓っていたのでありました。
今回の来店は、そのきわめて曖昧で確証もない自分との約束を
遂に果たすこととなったわけでございます。

中野牛タン唐兵衛店内.JPG

中野牛タン唐兵衛(とうべえ)の店内は、和食中心の定食屋ながら
何故か洋風なスナック風ともいえるボックス席が中心です。
以前、スナック系の営業店だった店舗をそのまま居抜きで借りた
というところがその真相かもしれません。
夜の時間帯に、牛タンなどをつまみに一杯お酒などを呑んでみる
という居酒屋的な利用にはいい雰囲気だといえるでしょう。
今回の来店は昼食時のランチタイムでしたので、唐兵衛流に云うと
昼タンランチメニューと呼ばれる牛たん塩焼き定食をオーダー。
注文後さほど待つことなくテーブルに運ばれて参りました。

唐兵衛牛たん塩焼き定食.JPG

唐兵衛の店名にもなっている牛タンの塩焼きは、厚みも適度で
表面にしっかりと焼色もついて香ばしく適度な歯応えもあり
牛タンを食べている幸せを感じさせるものです。

唐兵衛牛たん塩焼き.JPG

唐兵衛牛たん塩焼き接写.JPG

牛タンと並ぶもうひとつのメインはとろろと麦飯のコンビネーション
麦とろメシであります。
牛タンと麦とろ飯は何故か相性がいいのか、巷ではセットの定食
牛タン麦とろ定食として一般的に提供されていることが多いですね。
スタミナがつく食べ合わせであることは間違いないでしょうし、
味覚的にも相性がいいと思います。

中野牛タン唐兵衛とろろ.JPG

中野牛タン唐兵衛麦飯.JPG

中野牛タン唐兵衛(とうべえ)は接客や配膳を店主の奥様が担当、
調理は店主の息子らしき男性が担当し、店主であるオーナーは
店頭での呼び込みや全体の統括をするという家族経営のお店で
アットホームな雰囲気で運営されています。
牛たん麦とろ定食だけでなく、シチュー、もつ鍋、鴨鍋、
牛しゃぶしゃぶなどの肉料理の他に、もつ鍋餃子というつまみ系や
お刺身系の鮮魚メニューもありバラエティーに富んでいますので、
居酒屋系呑み屋としても十分楽しめると思いますよ。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。