スポンサードリンク

米子空港土産に「境港吉丸のいかの醤油漬け」を買ってみました


米子鬼太郎空港の売店BEEWINGでイカの醤油漬けを買い
お土産として持って帰って家で食べてみました。
米子鬼太郎空港のある鳥取県西部地方は、境港という
山陰地方有数の漁港があり、魚介類の名産が多い地区です。
その境港の漁師・福栄さんの漁船「吉丸」により獲られた
刺身用スルメイカを使った境港名産の逸品として名物なのが
「境港吉丸のいかの醤油漬け」なのだそうであります。
ネットで通販お取り寄せも可能なようですが〜


 ⇒ 日本海で獲れた新鮮スルメイカを境港で醤油漬けに!ご飯に掛けて食べるのがおススメです!いかの醤油漬け...

そうと聞いたイカ好きの私としては買うなら今しかないでしょ!
とパブロフの犬的条件反射でお財布に手を伸ばしていたのでした。

境港吉丸のいかの醤油漬け.JPG

「境港吉丸のいかの醤油漬け」は、イカの漁獲から商品加工まで
全ての工程が漁師福栄さんの一貫生産品だということであり、
イカの鮮度から商品としての品質まで安心安全なのが自慢です。
イカの切り身自体の角が立っていて見た目からも素材の新鮮さが
良くお分かりいただけるのではないでしょうか。

境港吉丸のいかの醤油漬け開封後.JPG

「境港吉丸のいかの醤油漬け」の見た目は一見はイカ塩辛風ですが
食べてみると塩辛とはまた違った独特の醤油漬けとしての味わいです。
中国・四国地方独特の甘みととろみのある醤油で漬け込まれていて
塩辛というより松前漬けに近いまろやかな甘みのある味わいなのです。
そこに生姜風味の隠し味がアクセントとなって、食べ飽きさせない
バランスの取れた風味が広がっていきます。

境港吉丸のいかの醤油漬け切り身.JPG

「境港吉丸のいかの醤油漬け」は、色々な食べ方が楽しめます。
そのままおつまみとして食べても良し、しょうがやワサビ、ネギなど
薬味を加えたり、海苔やうずらの卵などと和えても良しですが、
最もシンプルな楽しみ方はアツアツのご飯にそのままぶっかけて
豪快にワシワシとかき込むのドンブリメシ的食べ方がお勧めです♪
「境港吉丸のいかの醤油漬け」は200g入りで500円と値段も格安です。
冷凍保存すれば賞味期限も約半年と長持ちしますよ。

境港吉丸のいかの醤油漬け丼.JPG

「境港吉丸のいかの醤油漬け」は、米子鬼太郎空港の売店BEEWINGで
購入できますので、イカ好きの方はお土産として要チェックです。
売店BEEWINGは保安検査後の搭乗ゲート待合室内にもありますので、
万が一買い忘れても出発直前の購入が可能です。
離陸前時間待ちの際の最後のお土産の一品として是非どうぞ。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。