スポンサードリンク

代々木公園パキスタンバザールでパキスタンカレーを食べてみた


代々木公園で開催されたパキスタンバザールへ行って
パキスタンカレーを食べてみました(2012年3月25日)。
パキスタンというと隣国インドと比べ日本では馴染みが薄く
どちらかというとアフガニスタン寄りでイメージも今ひとつ
という感が強いですが、モヘンジョダロなどの世界遺産や
トレッキングの名所が連なる山岳地帯や「風の谷」など
自然環境豊かで歴史的観光スポットも多い魅力的な国なのです。
そんな歴史と文化溢れる美しい国パキスタンの魅力を体感できる
一大イベントが代々木公園のパキスタンバザールなのです。

パキスタンバザール音楽ステージ.JPG

代々木公園のステージではパキスタン本国から来日したという
人気ミュージシャン達がパキスタンの伝統音楽を奏で
その音楽に合わせ多くの人々が楽しそうに踊っていました。
このパキスタンバザールのイベントには、特別ゲストとして
ゴダイゴのタケカワユキヒデ氏も出演したそうです。
懐かしいですね!ガンダーラ♪

パキスタン料理シディークの出店.JPG

パキスタン料理アリババの出店.JPG

インドパキスタン料理スルターンの出店.JPG

そうは言っても、B級グルメ食べ歩きライターの我々の目的は
やはり何といってもカレーを始めとするパキスタン伝統料理。
パキスタンバザールの会場には首都圏のパキスタン料理店が
数々のブースを開いてその味を競っておりました。
どのお店でパキスタンカレーを食べようか迷ってしまいますが、
2種類のカレーセットが600円とコストパフォーマンスの良い
インドパキスタンレストランのナワブの出店に決定!

インドパキスタンレストランナワブの出店1.JPG

インドとパキスタンは、お互い隣国同士という位置関係ながら
国際関係上は敵対関係にあるとの報道を良く見かけますが、
ここパキスタンバザールの会場内では、このナワブを始め
インドとパキスタンの共存関係をいくつか目にしました。
敵対関係はあくまでも国家という政治的なスタンスの問題で
一般の国民レベルでは、特にこの日本という遠い異国の地では
インド・パキスタンの両民族は同胞的な協力関係にあるのかも。
そうであればそれは両国の友好関係にも繋がるものですし、
素晴らしいことですよね。アッラーフ・アクバル(神は偉大なり)。

インドパキスタンレストランナワブの出店2.JPG

パキスタンはイスラム教の国なので、会場内で提供される料理は
全てハラルというイスラム教の戒律に沿って作られた食事です。
インドパキスタンレストランナワブの2種類のカレーセットは
4種類のカレーの中から2種類のカレーをチョイスするシステム。
そこで連れと別々の種類のカレーを2種類ずつオーダーし、
ナワブ2種類のカレーセットの完全制覇を目指すことにしました。
この2種類のカレーセットは、鳥ひき肉とほうれん草のカレーと
バターチキンカレーのセットでございます。

ナワブ2種類のカレーセット1.JPG

鳥ひき肉とほうれん草のカレーはルーがコクがあってスパイシー。

ナワブ鳥ひき肉とほうれん草のカレー.JPG

バターチキンカレーは比較的甘口でまろやかな風味なので、
この2種類のカレーの組み合わせは味覚的にベストマッチかも♪

ナワブバターチキンカレー.JPG

こちらの2種類のカレーセットは、ラム肉とレンズ豆のカレーと、
ひよこ豆とジャガイモのカレーのセットでございます。

ナワブ2種類のカレーセット2.JPG

ラム肉とレンズ豆のカレーはワイルドなラム肉の風味を
レンズ豆のまろやかさが優しく包み込むようなバランスの良さ。

ナワブラム肉とレンズ豆のカレー.JPG

ひよこ豆とジャガイモのカレーは優しい野菜の味わいで
胃袋も心もホッとする家庭的なお母さんの味わいを感じました。

ナワブひよこ豆とジャガイモのカレー.JPG

ナワブのカレーセットのナンはシンプルであっさりした風味。
脂っこさがないのでカレーともども胃もたれしない食後感で
個人的には好みのタイプのナンの味わいでした。

ナワブカレーセットのナン.JPG

経堂ガラムマサラと共通点を感じるナンやカレーの味わいは
同じムスリム同士という点が関係しているのでしょうか。
イスラム教の国のパキスタンカレーはなかなか味わい深く
今回のナワブを始め、カレー食べ歩きの候補店リストに加え
これから食べ歩き食べ比べにハマってしまいそうな予感です。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。