スポンサードリンク

山形米沢置賜土産うこぎのパスタソースを食べてみました♪


山形県米沢市土産のうこぎのパスタソースを使って
うこぎ風味のスパゲッティーを作って食べてみました。
「うこぎのパスタソース」は、山形県米沢市旅行の際に
上杉神社参道入口の駐車場に隣接している土産物店
上杉城史苑(うえすぎじょうしえん)で見つけて買ってきたのです。


そもそも「うこぎ」とは聞きなれない名前で一体何なのか?
というと、「うこぎ」は山形県名産の伝統野菜のひとつで、
山形県内でも米沢市など置賜地域を主な産地としており、
独特の香りと苦みのある若葉や芽を摘んで食べる落葉低木です。
山形県米沢市など置賜地域名産のうこぎは、うこぎの種類中、
葉が柔らかくとげも少ない「ひめうこぎ」という種類で、
郷土料理として、天ぷら、おひたし、きり和え、うこぎご飯
といった調理法で地元の食卓で親しまれてきました。
うこぎの葉には抗酸化作用に優れた成分が含まれていることで
老化抑制などへの効果が期待されることが最近の調査で分かり、
健康食品としても注目を浴びているとのことです。


 ⇒うこぎ(水煮)500g※クール便でのお届けとなります。

私が米沢土産として買った「うこぎのパスタソース」は、
うこぎの葉を粉末状にしたものをグレープシードオイルに漬け
スパイス等を調合したイタリアンなテイストのオイルソースで、
グレープシードオイルに多く含まれるというポリフェノールと
うこぎ成分という2つの抗酸化物質のダブルの相乗効果により
より一層の抗酸化作用を狙ったパスタソースのようです。

山形米沢置賜土産うこぎのパスタソース.JPG

基本的な使い方はうこぎのパスタソースを麺と和えるだけですが、
うこぎの味そのものを知らないため、リスクヘッジの意味から
ペペロンチーノの隠し味として少量を使ってみました。

うこぎのパスタソースを使ったスパゲッティーぺペロンチーノ.JPG

その結果、特に苦みやエグ味も感じず、ハーブオイルとしては
ちょうど良い隠し味になったと感じました。
うこぎのパスタソース単独でも特に抵抗なく食べられる感じで、
あっさりしたジェノベーゼソースに近い風味といった感じです。

うこぎのパスタソースを使ったスパゲッティー.JPG

そこで、冷奴のトッピングとして豆腐の上にかけてみました。

うこぎのパスタソースをトッピングした冷奴.JPG

うこぎのパスタソースは豆腐との相性もバッチリです。
食べるラー油と同じような使い方もできるソースだと思います。
食べるおかずラー油のイタリアンバージョンといった感じで、
色々な調理法や料理の隠し味にも使える万能調味料なので
山形米沢旅行のお土産に検討してみるといいかもしれませんよ。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。