スポンサードリンク

梅うどんと梅しおホルモンを曽我梅林で食べてみました


曽我名物の梅うどんと梅しおホルモンを曽我梅林で食べました。
曽我梅林の第42回小田原梅まつりへ観梅に行った際、
曽我梅林の中でも最も大井松田寄りにある河中原梅林の食堂で
昼食がてらに曽我名物の梅うどんと梅しおホルモンを食べたのです。
河中原梅林は、メイン会場の別所梅林と比べるとこじんまりですが、
曽我の地元名産品・野菜果物などのお土産物を売る即売場の売店や、
曽我名物の地元ご当地B級グルメが食べられる屋台や食堂が充実し、
3か所ある曽我梅林の梅まつり会場の中でも意外な穴場だと思います。
曽我梅林の河中原会場は広々としたスペースにテーブルが並べられ、
昼食や軽食を食べるには絶好のスポットだともいえますね。
向かって正面の奥の建物が、曽我レモンやゴールドオレンジなど、
曽我名産の地元特産品、野菜果物などのお土産物を売る売店です。
向かって右側が缶ビール、缶チューハイやソフトドリンク類、
そして曽我名物の梅塩ホルモンや焼き豚串などを売る屋台です。

曽我梅林河中原会場の売店1.JPG

向かって左側が、曽我名産の梅の果肉を練り込んだうどんを茹で
「うめうどん」として販売するうどん屋さんです。

曽我梅林河中原会場のうどん屋.JPG

今回は昼食がわりに、曽我名物の梅うどんと梅塩ホルモンをセットで
河中原梅林で全身を梅の香に包まれながら食べてみることにしました。

曽我梅林河中原会場の梅うどんと梅塩ホルモン.JPG

梅うどんはうどんの麺に梅の果肉を練り込み麺がピンク色のうどんで
トッピングにも曽我名産の梅農家手作りの梅干しが乗っています。
梅の果肉を練り込んだ梅うどんの麺ですが、ピンク色の色合いほどは
麺からは梅の風味を感じることはできません。
河中原梅林の梅うどんはどちらかというと目で楽しむタイプですね。
麺自体に梅の風味を感じる梅肉を練り込んだ梅うどんを楽しみたいなら
曽我梅林原会場の売店で売っている半生タイプの梅うどんを買い求め
お土産にして自宅で茹でて食べるのがお勧めです。
梅の風味を楽しみたいのならシンプルな冷やしうどんが一番というのが
実際に調理して食べてみた私の感想でもあります。

曽我梅林河中原会場の梅うどん.JPG

曽我名物の梅塩ホルモンは、豚ホルモンを梅塩味で煮込んだという
梅塩味の豚モツ煮込み料理です。
大振りの豚の内臓がゴロゴロと入っていて、モツ好きにはたまりません。
昨年食べた梅塩ホルモンは、塩気が強かったのですが、
今年の梅塩ホルモンは薄味で、個人的には今年の味付けの方が好みでした。

曽我梅林河中原会場の梅塩ホルモン2012.JPG

このように年によって梅塩ホルモンの味付けが微妙に違うのも、
地元梅林農家の手作りの家庭料理のなせる業ということでしょう。
行くたびに曽我地方のアットホームな雰囲気に触れて心が暖かくなる
曽我梅林の河中原会場の売店・食堂はそんな癒しのスポットです。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。