スポンサードリンク

江の島の新ご当地グルメ「江の島弁天うなむすび」が旨い♪


江の島の新たなご当地グルメ新名物として人気なのが
うなぎ飯でにぎったおにぎり「うなむすび」です。
鎌倉の銭洗弁財天助稲荷にお参りに行き
大仏ハイキングコースでのハイキングを楽しんだ帰りに、
江ノ電の藤沢駅改札を出てすぐにあるコーヒーショップ
「江ノ電の珈琲屋さん」で「江の島弁天うなむすび」
という駅弁のような包みで売っているのを見つけたので、
鎌倉・江ノ島のお土産に買ってみました。

江ノ電の珈琲屋さん.JPG

「江の島弁天うなむすび」は弁天様のやさしい笑顔と
七福神達が賑やかな縁起の良いパッケージです。
「江の島弁天うなむすび」の由来は、江島神社辺津宮にある
「むすびの樹」のご利益にあやかった縁むすびのおにぎり
だということです。

江の島弁天うなむすびパッケージ.JPG

鰻とごぼうを、醤油・白だし・赤酒・生姜のタレとともに
白米とじっくりと炊き込んだご飯を焼きおにぎりにしたのが
「江の島弁天うなむすび」です。
そして、うなぎといえばなんと言っても山椒。
「江の島弁天うなむすび」には山椒粉も付属していますので
レンジでチンして温めたうなむすびに山椒粉をふりかけ
熱々を食べれば幸せ一杯の気分になれますよ。

江の島弁天うなむすび.JPG

「江の島弁天うなむすび」は冷めたままでも美味しいので
江ノ島・鎌倉散策の際のお弁当にもピッタリです。
値段もおにぎり2個入りで400円とお手頃価格ですので、
江ノ島のまずい食堂で観光客相手の食事をするよりは、
「江の島弁天うなむすび」を買っていくのがお勧めですよ♪


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。