スポンサードリンク

日本三大焼そば太田焼そばを自宅で調理して食べてみた


ご当地B級グルメのひとつに焼ソバがありますが、
その中でも日本三大焼そばとして人気を博しているのが、
静岡県の富士宮やきそば、秋田県の横手やきそば、
そして、群馬県の太田焼そばです。
そのうちの2つ、富士宮やきそばと横手やきそばについては、
2011年あつぎ鮎まつりのB級グルメ会場で食べ比べをしましたが、
群馬県の太田焼そばだけは未体験ゾーンのままでした。

 ⇒ 4大ご当地焼きソバをあつぎ鮎まつりB級グルメ会場で食べ比べ

無類の麺好き麺喰いの上、群馬県出身の私といたしましては、
地元県の太田焼そばを何とか体験したい!と願っていたのですが、
太田市は鶴舞う形の群馬県の首の付け根辺りに位置しており、
私の故郷である群馬町(現在は高崎市)からは相当な遠距離。
っていうか、電車だと東京へ行くより時間がかかるので、
帰省の際のついで喰いという必殺技も使いようのない難敵でした。
そんなご当地B級グルメで日本三大焼ソバの一つ太田焼そばですが、
何と、平日仕事中のお昼休みの散歩で立ち寄った四谷アトレ内の
成城石井スーパーの生鮮食料品売り場でその姿を発見!
早速買って帰り、自宅で太田焼そばを食べることに成功いたしました。

太田焼そば(マック食品).JPG
 ⇒ 日本三大焼そばの一つである「太田焼そば」は、もっちりとした太麺とたっぷり甘めの黒ソースが...

成城石井で購入した日本三大焼ソバの一つの太田焼そばは、
上州太田焼そばのれん会監修の品という本格派。
もっちり太麺、たっぷり濃厚ソース、青のり・紅しょうが付きと、
かやく類もセットでついていて自宅で現地の味を再現できます。

太田焼そば(自宅調理).JPG

太田焼そばの特徴は、何と言っても食べ応えのある太麺と、
甘口でこってりと濃厚なソースのコンビネーションのようです。
太麺は角が立った断面が四角いタイプでもっちりとした歯応え。

太田焼そばもっちり太麺.JPG

その麺に絡む濃厚ソースは砂糖の甘みを感じる甘口タイプで、
関西のお好み焼きソースとの共通点を感じます。
そのため、食べ応えがあるのは勿論ですが、食べ進むうちに
ソースの甘さがちょっとくどく感じてきました。

太田焼そば甘口濃厚ソース.JPG

この辺りは、太田焼そばそのものの特徴なのか、
マック食品製造のこの商品特有の味付けなのか分かりません。
機会があったら、実際に営業している店舗で職人さんの作った
本格的な太田焼そばを食べてみたいと強く思いました。

群馬県太田市は戦後は自動車産業で栄えた工業が盛んな町で、
焼そばのようなボリュームのあるB級グルメの人気が高く、
今でも50軒以上のお店が太田焼そばの味を競っているようです。
最近はブラジル、ペルー系移民が多く住む南米タウン化しつつあり
南米スタイルの太田焼そばなんていうミクスチャー文化の申し子の
新たなB級グルメが誕生しつつあるかもしれません。
お近くの方は、ご当地B級グルメツアーに出かけてみてください。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。