スポンサードリンク

成城学園前にニューオープンのカレー店コルカタへ潜入取材!


成城学園前に新装開店したインド伝統料理カレー店
コルカタ/KOLKATAへ行ってきました。
コルカタ/KOLKATA成城店は2011年7月29日にオープンしたばかり。
成城学園前駅の改札前で割引サービスのチラシをもらい
その存在を知った時から私のカレー衝動にメラメラと火が着き、
暑い夏の季節のうちに食べておかねば!と決心しての潜入取材です。

コルカタKOLKATA成城店サービスチラシ.JPG

成城学園前のカレー店といえば、神田沙也加ちゃんもお勧めの
ネパール&インド料理店K.C.成城店がなんと言っても有名ですが、
コルカタ/KOLKATAはそれに真っ向から挑戦状を叩き付けた形。
最も、ネパール&インド料理店K.C.成城店は成城学園前駅の北口方面、
コルカタ/KOLKATA成城店は成城学園前駅の南口方面と、
駅ビルと線路を挟んで対極の位置に出店していることから、
ある意味で地域はきちんと棲み分けができている形ではあります。


ちなみに、ネパール&インド料理店K.C.は千歳烏山にも店舗を持ち、
コルカタ/KOLKATAは砧、祖師谷大蔵、千歳船橋に店舗を持つ、
という同じ世田谷区内をテリトリーに凌ぎを削り合う間柄ですので、
これからも熱きカレー戦争が世田谷区界隈で繰り広げられる予感です。

コルカタKOLKATA成城店店頭.JPG

今回潜入取材を試みるインドカレー店の店名のコルカタ/KOLKATA、
聞き慣れない名前だと思う方も多いかもしれませんが、
実は日本でもお馴染みインド第3の都市で西ベンガル州の州都である
カルカッタ(Calcutta)の現地語(ベンガル語)読みなのです。
日本のインドカレー店にはインドの大都市名が使われる事が多く、
インド最大の都市(旧ボンベイ)の名を店名としたムンバイ
インド北部で首都圏を構成する都市名を店名としたデリーに加え、
今回のコルカタ/KOLKATA成城店を訪問することにより、
私のインド3大都市名カレー店取材も完結することとなります。

コルカタKOLKATA成城店階段入口.JPG

ビルの2階にあるコルカタ/KOLKATA成城店への階段を登っていくと、
インドそのものといった壁際の装飾や入口を飾る様々な飾り物が
「ナマステ!」と我々をお出迎えしてくれます。
もう気分は全身がインドカレー♪早く食べさせてぇ〜

コルカタKOLKATA成城店入口階段.JPG

コルカタKOLKATA成城店入口.JPG

コルカタ/KOLKATA成城店の店内はお洒落なピンク色のクロスで、
ちょっと気取った高級感が漂っております。
ランチタイムは窓際の席が明るくておススメですよ♪

コルカタKOLKATA成城店店内.JPG

コルカタKOLKATA成城店窓際席.JPG

コルカタ/KOLKATAのランチタイムは11:00〜16:00までと幅広く、
ランチメニューも非常に豊富で、全てソフトドリンク付き、
セットメニューはナンとライスも食べ放題という太っ腹ぶりです。

コルカタKOLKATA成城店ランチセットサラダ.JPG

コルカタKOLKATA成城店ランチセットサフランライス.JPG

そこで、ドリンクは、私はインド風アイスミルクティーのチャイを、
相方はインドの飲むヨーグルト、ラッシーをオーダーしました。

コルカタKOLKATAラッシー&アイスチャイ.JPG

今回は胃袋と相談の上、好きなカレーの種類を2種類選べる
Bセット900円とCセット950円をオーダーしました。
ちなみに、BセットとCセットの違いは、付け合わせのチキンが
小ぶりなチキンティッカか普通のタンドリーチキンかの違いです。
こちらがコルカタ/KOLKATAのBセット900円。

コルカタKOLKATAランチBセット.JPG

そしてこちらがコルカタ/KOLKATAのCセット950円。

コルカタKOLKATAランチCセット.JPG

コルカタ/KOLKATAのランチBセットのチキンティッカと
ランチCセットのタンドリーチキンの比較は以下の通りです。
50円の価格の違いでチキンの大きさは2倍以上になるので、
肉好きの方はCセットの方がお得感があるといえそうですね。

コルカタ/KOLKATAのランチBセットのチキンティッカ

コルカタKOLKATA成城店ランチBセットチキンティッカ.JPG

コルカタ/KOLKATAのランチCセットのタンドリーチキン

コルカタKOLKATA成城店ランチCセットタンドゥーリチキン.JPG

コルカタ/KOLKATAのランチセットメニューのカレーは、
チキン、マトン、ベジタブル、ダル、キーマ、バターチキン、
サグパニール(ほうれん草のグリーンカレー)、日替わり
の8種類の中から好きなカレーを選びます。
そこで、今回は、サグパニール、日替わりのチキンとオクラカレー、
マトンカレー、キーマカレー、という4種類をセレクトしてみました。
カレーの辛さは4段階の中から選べますが、今回は2番目に辛い
辛口をセレクトしてみました。

サグパニール(ほうれん草のグリーンカレー)は良く見かけますが、
コルカタ/KOLKATAのサグパニールはホウレンソウの風味が強く、
これぞ「ほうれん草のグリーンカレー」という感じです。

コルカタKOLKATA成城店ランチセットサグパニール.JPG

次に、この日の日替わり本日のカレー、チキンとオクラカレー。

コルカタKOLKATA成城店ランチセットチキンオクラカレー.JPG

オクラの粘り気がカレールーにとろみを与えるとともに、
スパイシーな刺激と辛さが若干、和らいでいるように感じました。

コルカタKOLKATA成城店ランチセットチキンオクラカレーの具.JPG

お次はインドカレー店では必ず頼むお気に入りのマトンカレー。

コルカタKOLKATA成城店ランチセットマトンカレー.JPG

具のマトンの肉が非常に良く煮込まれていてトロトロで、
豚の角煮のような食感が嬉しいです。

コルカタKOLKATA成城店ランチセットマトンカレーのマトン.JPG

そして最後はひき肉のカレーであるキーマカレー。

コルカタKOLKATA成城店ランチセットキーマカレー.JPG

具の挽肉が少なめで、ちょっと寂しい気もしましたが、
それを補って余りあるパンチの効いたスパイシーな辛さぶりで、
思わず鼻水が垂れそうになるのを堪えてしまいました。
暑い夏の季節には、この位の刺激で丁度いいかもです♪

コルカタ/KOLKATAのカレーは、グリーンカレーのサグパニール以外、
カレールーの味自体は殆ど同じように感じられました。
具財によってスパイスを使い分けているのかもしれませんが、
辛さでこちらの味覚が麻痺してしまったのかもしれません。
その位、コルカタ/KOLKATAのカレーはスパイシーで辛いので、
余程の激辛マニア以外は、辛さ控えめか甘口を選んだ方が、
カレールーの風味を味わえるのではないでしょうか。

また、コルカタ/KOLKATAにはテイクアウト用のカレー弁当もあり、
これが意外と掘り出し物です。

コルカタKOLKATA成城店テイクアウトカレー弁当メニュー.JPG

今回の来店でお持ち帰り用カレー弁当もオーダーしましたので、
そのレビューは次回いたしますので楽しみにしていてくださいね。
(値段は2011年8月下旬現在のものです)


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。