スポンサードリンク

広尾ホームワークス/Homework'sで絶品ハンバーガーを堪能する


東京は渋谷区広尾にある本格ハンバーガー店の老舗、
ホームワークス/Homework'sへ行ってきました。
グルメバーガーの草分け的存在であるホームワークスは、
広尾商店街の突き当たり、聖心女子学院裏口の手前にあります。


1985年にオープンし25年以上の歴史を誇る老舗である
広尾のグルメバーガーとサンドウィッチレストラン
ホームワークス/Homework'sは、お洒落な街の広尾らしく
オープンカフェスタイルのガラス張りの店舗です。

Homework'sホームワークス店頭.JPG

Homework'sホームワークスガラス張り店内.JPG

気候もいい季節だったので店頭のテラス席に陣取って
広尾の街並みと開放的な店内の両方を楽しむことにしました。

Homework'sホームワークステラス席.JPG

Homework'sホームワークス店内.JPG

ホームワークス/Homework'sのハンバーガーの特徴は、
素材の味を活かしたシンプルな味わいです。
在日アメリカ人の間では「ホームシックにかかったら
ホームワークスに行け」と言われているくらいで、
評価の高い本格グルメハンバーガーを提供しているのです。
今回のお目当ては日本では珍しい七面鳥肉を使ったパティの
クランベリーターキーバーガーと、バーガーの定番ともいえる
マッシュールームバーガーだったのですが、
ターキーバーガーはメニューから削除されていたのと
マッシュールームバーガーは売り切れでどちらも頼めず仕舞い。
そこで、同じキノコ繋がりでシメジガーリックバター味の
ディープフォレストバーガーという珍品をオーダー。
相方は当日お勧めメニューのグリルドチキンバーガーにしました。

広尾ホームワークス/Homework'sの本格ハンバーガーは、
パティと野菜がそれぞれバンズの半分に乗った形で供されます。
こちらはシメジガーリックバター味ディープフォレストバーガー。

Homework'sホームワークスディープフォレストバーガー.JPG

野菜はレタス、オニオン、トマト、クレソンとシンプルな形。

Homework'sホームワークスハンバーガー野菜.JPG

パティ部はしめじ、舞茸などの森のきのこ達が、
ガーリックバターで炒められてテンコ盛り状態ですよっ!
うーん、正にディープフォレストなバーガーですこと♪

Homework'sホームワークスディープフォレストバーガーパティ.JPG

ちなみに広尾ホームワークス/Homework'sのバーガーパティは
Jr.110g、Reg.150g、Super220gと3種類の重さがチョイス可能。
この日のオーダーはJr.サイズの110gをオーダーしましたが、
日本人の胃袋には充分なボリュームだと思います。
バンズはホワイトかグラハムをチョイス可能で、表面を焼くか
そのままかと、細かいオーダーに応えてくれるのも本場流です♪

Homework'sホームワークスディープフォレストバーガースタック.JPG

さて、お次は当日おススメのグリルドチキンバーガー。
欠品中のターキーバーガーとは鳥類繋がりでオーダーしました。

Homework'sホームワークスグリルドチキンバーガー.JPG

チキンはうっすらと焦げ目のついたチキンの胸肉であります。
鶏胸肉というと一般的にはパサついた食感と思われますが、
このグリルドチキンは淡白ながらも瑞々しくてジューシー♪

Homework'sホームワークスグリルドチキン.JPG

素材自慢の広尾ホームワークス/Homework'sならではの
絶品本格チキンバーガーに仕上がっていて驚きでした。

Homework'sホームワークスグリルドチキンバーガースタック.JPG

せっかく来たのにハンバーガーだけではちょっと寂しいので、
サイドメニューでフレンチフライポテトもオーダー。
オーソドックスにカリッと揚がって美味しいですよ。

Homework'sホームワークスフレンチフライポテト.JPG

広尾ホームワークス/Homework'sは広尾商店街という立地ながら、
お値段の方も1,000円前後と非常にリーズナブル。
ソフトドリンク無しでバーガーのみのオーダーでもOKなので
洒落た雰囲気で本格的なハンバーガーが手軽に楽しめる優良店です、
本格サンドイッチも美味しそうなので、再訪してチャレンジしたら
写真付きでご紹介したいと思いますので楽しみにしていてくださいね。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。