スポンサードリンク

信州長野伊那地方ご当地グルメのローメンを初体験♪


信州長野は伊那地方のご当地グルメの郷土料理といえばローメン。
ローメンは蒸した太めの中華麺を使った長野県伊那地方特有の麺料理で
ラーメンとも焼きそばとも違う独特の風味のご当地グルメということで
以前から気になっており食べるチャンスをうかがっていたのです。
そんな折、戸隠古道ウォークバスツアーへ行った帰り道のSAで、
お土産用ソースローメンを見つけたので、買って帰って料理してみました。

お土産用ソースローメン.JPG

長野県伊那地方で食べられているご当地グルメとしてのローメンは、
マトンなどの肉と野菜を炒めた具と麺を和えた炒肉麺(チャーローメン)。
食べ方としてはラーメン用のスープを加えるものと加えないものがある
ということですが、このお土産用のソースローメンは、
ソース焼きソバ風に進化したニューウェーブともいえるかもしれません。

ソースローメン.JPG

ローメンの特徴は、小麦粉にかんすいと着色料としてビタミンB2を加えた、
中太で水分が少なめの独特の中華麺ではないかと思います。
このお土産用ソースローメンの麺も、茹でる前はガチガチに固く密度があり
茹で上がった後は水分を吸収してずっしりと膨張していました。

ソースローメンの麺.JPG

見た目はちょっと太めの中太麺のように見えると思いますが、
体積というか密度が濃くてずっしりと重くて食べ応えがあります。
かんすいの独特の風味も濃厚で、相当にハードな食感ですね。
必然的に食べた後の胃腸にはずっしりとした充実感というか膨満感が。
腹持ちは最高にいい麺料理かと思います。
これを毎日食べているとしたら、長野県伊那地方の方々って
相当に胃腸が丈夫な健啖家なんじゃないかと思いました。
個人的にはこういったかんすい臭い固めの麺は好みの味です。
スープを加えた汁そばスタイルにしたら食感も変わるかもしれないので
機会があったら本来のご当地グルメスタイルのローメンも食べてみたい♪
そう強く願う日々であります。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。