スポンサードリンク

調布深大寺そば処一休庵で石臼挽き十割そばを食べてみました


深大寺そばで有名な調布深大寺の参道界隈は、
今やすっかり深大寺B級グルメロードと呼んでもいいほど
様々な飲食店が並んだB級グルメの聖地となった感があります。

 ⇒ 調布市深大寺でのB級グルメ食べ歩き食べ比べ三昧を体験する

深大寺そばは、もはやその名前自体が商標化されている感もあり、
実際にネット通販でも深大寺そばが売られているほどで、
家庭でも居ながらにして深大寺そばを食べることができるのです。

 ⇒ 挽きぐるみのそば粉を使い風味豊かに!明星 深大寺そば 250g 120円

そうはいっても、せっかく深大寺観光へ行ったのなら、
やはり昔からの深大寺名物である深大寺そばは外せないので
昼食のメインディッシュは蕎麦屋で深大寺そばを食べるということに相成りました。
沢山の飲食店がひしめく深大寺の参道界隈ではありますが、
やはり一番目につくのは深大寺そばを出すお蕎麦屋さんです。
色々と目移りしましたが、せっかく深大寺そばを食べるのだから
ちゃんと店内で蕎麦打ちをしている本格蕎麦屋で食べたい!
でもお財布の中身はちょっとさみしいのでお値段は安く抑えたい!
そもそもB級グルメなんだし…という訳の分からない逡巡の中、
見つけたのが深大寺そば処一休庵というお蕎麦屋さんでございます。
深大寺そば処一休庵の場所は、深大寺参道を山門手前まで進み
突き当たって左側へ深沙大王道方面へ進んだ途中の
深大寺境内の亀島弁財天池の向かい側にありますよ。

深大寺そば店一休庵店頭蕎麦打ち.JPG

深大寺そば処一休庵は店頭で蕎麦打ちをしている姿を披露するなど、
伝統的本格的蕎麦屋の雰囲気を濃厚に漂わせながらも、
国産そば粉の茨城県産常陸秋そばを使用した石臼挽き十割そばが
税込み1,000円ポッキリとリーズナブルな激安価格表示であります。
店頭の回る水車も雰囲気満点でいい感じのおそば屋さんですね。

深大寺そば処一休庵回る水車.JPG

深大寺そば処一休庵は、茨城県産常陸秋そば、北海道産そば、
長野県産そば、福井県産そばを中心とした国内産の玄そばを
そば農家直送で仕入れ自家製粉機で丸抜きして石臼で挽き
店内の手打ち場でそばにするという本格蕎麦屋です。
石臼挽きそば粉を二八で打つ深大寺名物の「深大寺そば」、
一番粉の甘皮を除いて九割で打つ一休庵名物「一休そば」、
そして挽きぐるみの「十割そば」と様々なバリエーションがあり、
八割、九割、十割そばを食べ比べすることもできますよ。
今回は限定メニューの茨城県産常陸秋そば石臼挽き十割そばに
深大寺観光記念としてチャレンジしてみました。

深大寺そば店一休庵石臼挽き十割そば.JPG

運ばれてきた打ちたての深大寺そば処一休庵石臼挽き十割そばは、
挽きぐるみ十割そばらしいちょっと黒みがかった蕎麦色で
つやつやとした打ちたて感がたまりません。
初めのひとくちはつけ汁をつけずにそのまま蕎麦だけを啜り
口中に広がる蕎麦粉の風味を味わうのが十割そばの楽しみ方だそうです。

深大寺そば処一休庵石臼挽き十割そばの蕎麦.JPG

茨城県産常陸秋そばの風味をたっぷりと堪能した後は、
残ったつけ汁を蕎麦湯割りにして残さずいただきました。
深大寺という観光地のど真ん中にありながら、お手頃価格で
本格的な手打ち日本蕎麦が楽しめる深大寺そば処一休庵はお勧めです。
深大寺に行ったらまた必ず訪れようと思っています。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。