スポンサードリンク

「少し辛い!のっけて食べる旨辛ラー油」を食べてみました


ここのところ大人気の、のっけて食べるおかずラー油ブーム、
その火付け役は「桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油」、
人気を加速させたのはS&Bぶっかけ!おかずラー油なのですが、
どちらも超品薄の常時売り切れ状態で入手困難だったことから、
様々なメーカーが商魂逞しく競って類似品の販売を行っています。
この「少し辛い!のっけて食べる旨辛ラー油」もそんな一品です。

 ⇒ 少し辛い!のっけて食べる。スライスガーリック入り。旨辛ラー油 200g 【即日発送】 10P01Mar...

さてこの「少し辛い!のっけて食べる旨辛ラー油」の特徴ですが、
スライスガーリック入りという部分でしょう。
多くの、のっけて食べるおかずラー油商品がラー油の具として
油で揚げたフライドガーリックやフライドオニオンを加え、
その香ばしさを風味として加えているのが特徴なのですが、
「少し辛い!のっけて食べる旨辛ラー油」の具として入っている
スライスガーリックは油で揚げてないニンニクスライスです。
生ニンニクのスライスのラー油漬けといってもいいでしょう。

少し辛い!のっけて食べる旨辛ラー油.JPG

写真で見ても分かるとおり、それ以外の具は白ゴマ程度です。
従って、この「少し辛い!のっけて食べる旨辛ラー油」は、
のっけて食べるおかずラー油商品のような香ばしさは感じられず、
普通のピリ辛ラー油にニンニクスライスが混じっている感じです。
製法的には一般的なのっけて食べるおかずラー油よりは安直で、
ブームに乗った便乗商品ということもできるでしょう。
一般的なのっけて食べるおかずラー油が品薄の時の代替品であり、
店頭在庫が復活した今はあまり利用価値はなさそうです。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。