スポンサードリンク

つけ麺専門店無極で無鉄砲譲りの超濃厚ドロ系豚骨つけ麺を堪能


超濃厚ドロ系豚骨つけ麺専門店の東京中野「無極」は、
関西地区の超濃厚ドロ系豚骨ラーメン店無鉄砲東京中野店
2010年8月オープンと同時に開店した姉妹店です。
超濃厚ドロ系豚骨つけ麺専門店「無極」東京中野店の場所は、
新青梅街道沿いを無鉄砲東京中野店より徒歩で数分ほど野方方面に進んだ
環状七号線と交差する丸山陸橋交差点の角にあります。
無鉄砲東京中野店の最寄駅が西武新宿線沼袋駅であるのに対し、
つけ麺専門店「無極」東京中野店の最寄駅は西武新宿線野方駅になります。



ドロ系豚骨つけ麺無極店頭.JPG

関西豚骨ラーメンの雄「無鉄砲」ブランドのつけ麺専門店には
「無心」という店舗が関西にはありますが、東京進出を果たした
「無鉄砲」ブランドのつけ麺専門店「無極」は、
無鉄砲東京中野店で炊き出した超濃厚ドロ系豚骨スープと
「無心」の麺を更に太くした自家製麺が味わえる唯一無二の店です。
無極の超濃厚ドロ系トンコツつけ麺は、普通・中盛り・大盛りと
3種類の麺の量を選ぶことができ、普通・中盛り800円、大盛り900円
というお値段です。(2011年2月現在)
無極のつけ麺は中盛りでも茹でる前の状態で麺の量は300gもあるので、
男性でもよほどの大食漢でない限り中盛りで充分満腹感を味わえます。

ドロ系豚骨つけ麺無極つけ麺中盛り.JPG

無極のつけ麺の麺は店の2階で製麺される自家製麺で
北海道産小麦を原材料に使用するため小麦粉の風味が引き立っています。
無極のつけ麺の自家製麺は歯応えと弾力のある強いコシが特徴で、
中華麺というよりは讃岐うどんの食感に近いものがあります。
ボリュームも多く、非常に食べ応えがある麺だといえます。

ドロ系豚骨つけ麺無極つけ麺中盛り麺.JPG

無極のつけ麺の面は、その太さ故に茹で時間に10分程度を要し
出来上がりまで店内で待つ時間が多少は必要です。
そこで、本・雑誌・携帯など時間つぶしのアイテムがあると
つけ麺を待つまでの間、退屈しないですむと思います。
但し、無極の店内は手荷物を置くスペースが広くありません。
この点は、無鉄砲東京中野店の店内のように、
座席の上に荷物を置ける棚を設置するなどの工夫をしてほしい
と強く感じました。

ドロ系豚骨つけ麺無極つけ麺自家製麺.JPG

無極のつけ麺のつけ汁は無鉄砲東京中野店で豚骨約600kgを使い
無鉄砲ラーメンスープ用に作られた超濃厚ドロ系豚骨スープを使用。
魚介不使用で水と豚骨のみを強火で長時間煮出したつけ汁は、
豚骨特有の臭みや匂いもなく、マイルドで濃厚な風味です。

ドロ系豚骨つけ麺無極つけ麺つけ汁.JPG

豚骨の骨髄まで溶け出した超濃厚ドロ系豚骨スープのつけ汁は、
ポタージュスープかルゥのような粘度を感じる濃厚さで、
食べているうちにゲル状に固まってくるほどです。
つけ麺を食べている途中でつけ汁が冷めて固まってきた場合、
つけ汁を暖めなおしてもらうこともできますし、
オーダーの際にあつ盛りを指定することもできるという
顧客の立場に立った柔軟な対応も無鉄砲グループの特徴なので
あなたのお好みに応じて選択をしてくださいね。

ドロ系豚骨つけ麺無極つけ麺超濃厚つけ汁.JPG

麺を食べ終えた後のつけ汁はスープ割り(だし割り)にして
最後まで残さずに飲んでもよいでしょう。
つけ麺専門店の無極ではスープ割りのスープを日替わりにして
バリエーションを出しているとも聞いています。
この日の無極のスープ割りスープのダシは魚粉の風味で
つけ汁をスープ割りにした風味は、近隣の野方にある
とんこつ魚粉ラーメン&つけ麺の花みずきの風味を連想させるものでしした。
豚骨のこってりしたダシと極太自家製麺でつけ麺を楽しみたい
というつけ麺フリークには堪らないつけ麺専門店といえますね。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。