スポンサードリンク

瀬戸内海の幸を凝縮した愛媛ハランボ(ホタルジャコ)100%のじゃこ天


愛媛県の名産品に瀬戸内海で採れるジャコなど小魚を原料とした
ジャコのてんぷら(ジャコ天)と呼ばれるさつま揚げがあります。

 ⇒ 漁師のお母さん自信たっぷり「じゃこ天」愛媛県宇和島市吉田町の「生はらんぼ」で作ります。

愛媛県の名産品ジャコ天の生産地は宇和島周辺が有名で、
松山空港には様々なメーカーや商店のジャコ天が売られていて、
中には空港内の店舗で製造し出来立て揚げたてのジャコ天を
その場で食べさせてくれるお店まであります。
じゃこ天の原材料となる魚はアジやジャコなど地の小魚で、
皮や骨ごとすりつぶした練り物を揚げて作ります。
中でも南予地域で「ハランボ」と呼ばれるホタルジャコが
じゃこ天の原材料としては最適と言われており、
ハランボ(ホタルジャコ)のみで作られたじゃこ天こそが
まさにジャコ天の中のじゃこ天ぷらといえるでしょう。
今回の愛媛県大洲市出張の帰り、松山空港の売店で
地元名産のジャコ天のお土産を探していたところ、
空港2階の土産物フロアーの一番奥の売店で、
ハランボ(ホタルジャコ)100%のじゃこ天を見つけました。
愛媛宇和島手押してんぷら.JPG

パッケージも地味で見栄えもあまりしない包装で、
他の土産物屋にある多くのジャコ天に比べると、
確かに見た目はあまりパッとしませんが、
一旦試食をしてみればその差は歴然でした。
愛媛宇和島じゃこ天.JPG

他のじゃこ天が上品なかまぼこ風味なのに比べ、
ハランボ(ホタルジャコ)100%のじゃこ天は、
歯触りにも風味にも確かに小魚の風味と香りが感じられ、
練り物というより「魚のつみれ」のようです。
ジャリッ、ガリッという確かな歯応えと舌触りが、
小魚を皮や骨ごとすりつぶした手作りの製法を確かに伝え
まさに瀬戸内海の自然の恵みが凝縮されているようです。
愛媛宇和島ハランボだけのジャコ天.JPG

愛媛のじゃこ天を購入する際は原材料に注目し、
ハランボ(ホタルジャコ)100%のじゃこ天を選ぶようにすると
魚の風味が強く出た本当のご当地グルメを堪能できますよ。

 ⇒ 漁師のお母さん自信たっぷり「じゃこ天」愛媛県宇和島市吉田町の「生はらんぼ」で作ります。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。