スポンサードリンク

高円寺ラーメン横丁蒙古タンメン中本のジャンクフードさに驚愕


愛すべき阿波踊りタウン高円寺にも遂にラーメン横丁出現!
その名も高円寺ラーメン横丁が2009年12月20日にオープンし、
「高円寺とりそば大喜庵」「蒙古タンメン中本」「つけめんTETSU」
「種子島商店 くにがみ屋」のラーメン店四店舗が出店、
オープン当初は各店舗行列必至の賑わいを見せていました。

高円寺ラーメン横丁の場所は、高円寺ストリート2番街B1
つまり阿佐ヶ谷寄りの高架下ビルの地下一階になります。
高円寺ラーメン横丁が出来る以前は地味な飲食街で、
フロアーにあるトイレは、毎日変わる暗証番号を押さないと
鍵が開かずに入れないという信じられない閉鎖的システムでした。
暗証番号は飲食店に聞けば教えてくれるということで、
つまりそのフロアのお客以外はトイレを使えないという仕組みです。
ちなみに高円寺ラーメン横丁になってそのシステムは廃止され
トイレは暗証番号なしに誰でも利用できるようになっています。
さて、肝心のラーメンの方ですが、我が地元の高円寺に
ラーメン有名店が軒を連ねるラーメン横丁が出来たということで、
以前から噂を聞いて気になっていた中本の蒙古タンメン、
是非いちど食べてみたいな〜という事で出かけてみました。
何でも「痺れる辛さで病み付きになる!」とか、
「辛さの中に旨さがあって中毒性・麻薬性を感じる」
なんていう、まるで年商1億円一流コピーライターが書いたような
感情を揺すぶられるキャッチコピーをあちこちで見ていたので
是非この舌でその魅力を確かめてみたいと思っていたのです。
さて、蒙古タンメン中本 高円寺ラーメン横丁店での注文は
辛いのが平気なわたしは一番人気の蒙古タンメンを注文。
高円寺ラーメン横丁 中本 蒙古タンメン.JPG

辛いのが苦手な連れは味噌タンメンをオーダーしました。
高円寺ラーメン横丁 中本 味噌タンメン.JPG

蒙古タンメン中本のラーメン調理法の特徴は
肉や野菜などの具をスープで煮込んでダシを引き出す
と店内の説明書きに書いてありますが、何か嫌な予感〜。
で、出てきた中本のラーメンを一目見た瞬間
予感は確信に変わり、一口食べた瞬間に落胆と後悔が。。
肉や野菜はスープで煮込む前の熱処理がずさんなのか
煮込まれてベシャベシャクタクタに柔らかい状態であり
舌触りも歯応えも味わいも全てが最悪です。
多目の油やラードで強火で炒めるなど油通しの処理を
全くやっていないんじゃないでしょうか。
おまけにラーメンという麺料理の命ともいえる麺は
茹で過ぎて伸びきっててしまったスパゲティーさながらで
歯応え、舌触り、風味とも感じられず信じられないほどの不味さです。
麺を食べさせるラーメンという料理なのに信じられません。
これはもはやプロの調理ではない、というか、
素人の家庭料理でももう少しまともなのが普通です。
中本のラーメン、どの店舗でもこんな状態なんでしょうか?
強いていえば、蒙古タンメンにかかっていた麻婆豆腐、
むせてしまうほどの独特の辛さですが、ある意味癖になる
しばらく後にまた食べたくなるような独特の風味です。
でも、ラーメン店の命ともいえる麺とスープが
悲しいくらいに決定的に不味くて最悪に駄目ですね。
B級グルメというよりもはやジャンクフードであり、
ただの奇をてらったラーメンと言うしかないでしょう。
高円寺ラーメン横丁はオープン当初は各店行列してましたが
すぐに「つけめんTETSU」と「高円寺とりそば大喜庵」の
二強状態になり、現在は各店舗とも閑古鳥状態のようです。
「安くて旨い店以外は決して生き残れない」という
高円寺飲食店の宿命を今一度真剣に考え直した方がいいと思います。
いや、それ以前に中本などは「高くて不味い」んだから、
チェーン店舗全体の売り上げを考えれば撤退はなくても
この先の運命は既に決まったようなものでしょう。
ブランドと目先の奇抜さでけで生き残っていけるほど
お買い物タウン高円寺の住民は舌も財布も甘くないですよ〜。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。