スポンサードリンク

鎌倉小町通りで手づくりソーセージのホットドッグを堪能


鎌倉の小町通りは多くのお土産物屋や飲食店が競い合っていて、
入るお店に困ってしまうほどの充実ぶりなのですが、
休日のお昼時ともなると鎌倉小町通りは観光客で大混雑するので、
鎌倉小町通りで待たずに昼食を食べるのは至難の業になります。
鎌倉近郊の方は並んで待ってお昼を食べてもいいと思いますが、
わたしのように都心からわざわざ出かけて行った場合、
並んで待っている時間がもったいない!ということで、
鎌倉での昼食には常に非常に困っているわけです。
そんな鎌倉小町通りの飲食店事情ですが、鶴岡八幡宮方面には
ちょっとお洒落な手作りソーセージ屋さんが店を出していて、
グリルした本格ソーセージやソーセージを挟んだホットドッグなど
路上でも手軽に食べられるスナック軽食を楽しめるので、
時間に追われる鎌倉観光の際は重宝しています。
そんな鎌倉小町通りの手作りソーセージ屋さんの一軒に
インビス鎌倉(imbiss鎌倉)があります。

2007年元旦に小町通りにオープンしたインビス鎌倉は、
ソーセージ作りを本場ドイツでマイスターに師事して学んだ
ハム作り30年の畜産業界大ベテランの方が社長を務めるお店で、
気軽に入れる庶民的かつカジュアルな雰囲気が嬉しいお店です。
インビス鎌倉店頭.JPG
imbiss鎌倉では本格手作りソーセージやベーコンなど
お持ち帰りで購入することができるほか、
それらを挟んだホットドックやサンドイッチなど軽食も楽しめます。
インビス鎌倉の店内の席数は10席ほどと少ないですが、
この日は運良く席が空いていたので店内で食べることにしました。
せっかくだから手作りソーセージを目一杯堪能したい♪
ということで、プレーンとスモークソーセージの2種類を挟んだ
「ダブルドック」(450円)をオーダー。
imbiss鎌倉ダブルドック.JPG
この日のスモークソーセージはチョリソーだということで、
ピリッと辛い風味のアクセントが効いていました。
また、imbiss鎌倉オリジナルと思われる粒マスタードは
細かく刻んだピクルスの酸味が効いていて、
手作りソーセージの風味をまた一段と引き立てる味わいです。
インビス鎌倉では地ビールの鎌倉ビールも楽しめますので、
ソーセージ片手に美味しいビールという本場ドイツの楽しみ方も
気軽に実現することができちゃいます♪
みなさんも鎌倉小町通りへ行ったら、インビス鎌倉で
本場ドイツ譲りの手作りソーセージと鎌倉ビールを
鎌倉の景色を見ながら楽しんでみてください。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。