スポンサードリンク

寒い冬にはせい家のネギラーメンで身体もポッカポカ♪


冬の気配も濃く、ラーメンが恋しい季節になってきました。
B級グルメの王道ともいえるラーメンブームはまだまだ健在で、
ラーメン店の新店ラッシュも続いているようです。

 ⇒ 石神秀幸 ラーメンselection(2010)
なかでも最近は煮干を効かせた煮干ラーメンがブームのようで、
伝統的な清湯スープの煮干ラーメンはもちろんのこと、
白湯スープの煮干ラーメンスープというニューカマーも登場し、
煮干ラーメンも二極化が進んでいるようです。

 ⇒ 石山勇人 最新ラーメンの本(vol.5)首都圏版
そういった最先端をいくラーメンもいいのですが、
ラーメン食べるのに行列して並ぶのも面倒くさく感じて、
ついついいつもの行きつけのラーメン屋に足を運んでしまう
というのもまた個人的な日常としては事実なわけで、
ラーメンなんて気張って食べるもんじゃないでしょ?
とモノグサな自分を納得させつつ、
いつもの「せい家高円寺店」へ行ってみました。

今回は寒さに震える身体を暖めるべく、
豆板醤で和えた白髪ネギがトッピングされたネギラーメンを。
豆板醤で和えた白髪ネギのトッピングは、
ラーメン店のトッピングとしては一般的なものになりましたが、
喜多方ラーメンなどの伝統的な清湯スープには合わない
というのが私の持論です。
たとえば、喜多方ラーメンチェーン店の坂内(小法師)などは、
豆板醤で和えた白髪ネギをトッピングすると、
喜多方ラーメン独特の繊細なスープの味が損なわれてしまうので、
余計なものはトッピングしないで食べた方が美味しいと思います。
そんなスープの味を壊してしまいがちなネギのトッピングですが、
せい家のような濃厚な豚骨醤油ラーメンスープの場合は、
より一層スープの味が引き立つので不思議ですね。
せい家白髪ネギトッピング.JPG
せい家のラーメンは卓上にある調味料を入れると、
また一味違った風味が楽しめるのでお好みで試してみましょう。
卓上調味料は「豆板醤」「おろししょうが」「おろしにんにく」
と3種類あってどれを入れても美味しいのですが、
わたしの場合は3種類全部入れちゃいます。
せい家卓上調味料.JPG
豆板醤+生姜+ニンニクという一見乱暴な薬味の組み合わせも
おおらかに受けとめて昇華してくれるようなパワーが
せい家の豚骨醤油スープにはあるのです。
とにかく、卓上のもの何でも好きなだけドバドバいれちゃえ♪
なんて楽しみ方ができるのもB級グルメならではの楽しさでしょ?
気にせずどんどん入れちゃってください。大丈夫ですから(笑)
せい家ネギラーメン中盛り.JPG
今回はお腹が相当空いていたこともあり、
ラーメン中盛り+白髪ネギのトッピングということで、
お値段の方は810円ということになりました。
せい家のラーメンは横浜家系の本格豚骨醤油ラーメンが
一杯500円という激安価格で堪能できるのが売りですが、
このようにトッピングをしてしまうとコストパフォーマンス的には
ちょっと疑問符がつく値段となってしまいます。
でもまぁ、美味しいラーメンをお腹一杯食べて800円ですから、
昨今のラーメン価格事情を考えれば高いというほどではないですね。
ラーメンはどんなに高くても750円以下の値段で!
がポリシーの貧乏B級グルメライターの私ではありますが、
年に何度かはこれくらいの贅沢をさせてもらっても、
庶民のささやかな楽しみとしてバチはあたらないと思うのですが
いかがでしょうか。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。