スポンサードリンク

帯広の平和園で極上ジンギスカンを腹いっぱい堪能する


北海道の肉料理といえば新鮮な生ラム肉を使ったジンギスカンで、
帯広は特にジンギスカンの本場だということです。
「ジンギスカンならサッポロビール園で食べて美味しかったな♪」
と帯広の人に話したら、「あれはクズ肉の成型肉だから駄目っしょ。
本場帯広のジンギスカンを知ってたら食べられないんでないかい?」
とあっさりと駄目だしを喰らってしまったので、
「それじゃあ本当の本場のジンギスカンを食べさせてもらうよっ!」
と北海道は十勝の帯広まではるばる出かけていきました。
帯広の地元民に絶大な人気を誇る帯広人気No.1のジンギスカンは
帯広駅前から徒歩2〜3分の好立地に本店を構える焼肉「平和園」です。
帯広平和園は帯広市を中心に道内に支店が何店舗かありますが、
帯広在住の知人が言うには「やっぱり本店が一番旨いっしょ」
ということで帯広平和園本店へ出かけてみました。

帯広東急イン、帯広ワシントンホテル、ホテルニューオビヒロ、
ふく井ホテルなどのビジネスホテルからも至近距離なので
出張族の方々も帯広滞在の際は「平和園」を見逃してはいけません。
帯広平和園本店は街道沿いに佇むレトロな一軒家の店舗です。
帯広平和園本店.JPG

帯広平和園本店看板.JPG
店内は焼肉の煙で燻され黒光りした雰囲気の庶民的な作りで、
女性店員は何故かチロル風民族衣装のような制服で可愛い♪
今回の帯広平和園本店訪問は大人数での宴会だったので、
焼肉も大皿にドドーンと豪快に盛り付けされています。
帯広平和園ジンギスカン1.JPG
帯広平和園本店のジンギスカンは、山型のジンギスカン鍋でなく、
焼肉用のロースターでひたすらラム肉を焼いて食べるスタイル。
「上ラム肉より並ラム肉の方が脂身があるっしょ?
その方がラム独特の風味があって旨いんでないかい?」
という帯広の知人の薦めでオーダーされたのは並ラム肉です。
ただ単に予算をケチっているだけなんじゃないかい?
という疑念も湧いてきましたが、B級グルメ的にはそれが王道
と思いなおしてひたすら箸を進めます。
帯広平和園本店のジンギスカン用ラム肉は生ラム肉だけあって
羊肉特有の臭みは皆無ですが、それでもラムやマトンが駄目!
という人のために牛カルビと豚ホルモン、豚コブクロも
合わせて豪快に盛り付けられています。
帯広平和園ジンギスカン2.JPG
右端に鎮座するのが帯広の知人イチオシの平和園の豚コブクロ。
とにかくこれを食べなきゃ絶対駄目っしょ!というのですが、
モツやホルモンはB級グルメライターとしてはお手のもの、
お安い御用ときたもので帯広平和園本店の豚子袋を食べてみると
「うっ旨いっしょ!なまら旨いんでないかい♪」
と思わず膝を打ってしまいました。
帯広平和園本店の豚コブクロはモツ特有の臭みは皆無で
コリコリとした歯応えが嬉しい逸品の珍味でした。
生ラム肉のジンギスカンももちろん美味しかったけど、
個人的には豚コブクロが食べ飽きなくて一番美味しかった。
帯広平和園コブクロ.JPG
帯広平和園は服に匂いがつかないようにビニール袋がありますが、
出かける際は臭いがついてもいいような服装がいいでしょう。
帯広市内の飲み屋街東仲通りにも平和園の支店東銀座店があり、
帯広平和園東銀座店.JPG
屋台村「北の屋台」に近いので、ジンギスカンの後は屋台村だ!
という健啖家の方は帯広平和園東銀座店が便利かもしれません。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。