スポンサードリンク

ベーカーバウンスのハンバーガーは王者らしきハードな食感


本格ハンバーガーの食べ歩きも、相当胃腸に堪えてきました。
そもそも、伝統的に米食・魚食いの日本人の胃腸にとっては、
アメリカ食文化のハンバーガーはまさに未知との遭遇ともいえるもので、
そんな高カロリーのジャンクフードの消化を立て続けに強いられたのでは
胃腸が悲鳴を上げるのも当然といえるでしょう。
しかし、最近は日本人の体質も徐々にとはいえ変わりつつあるのでしょうか。
体型の欧米人化とともに、胃腸の消化吸収も高カロリー対応になっているのか、
巷では本格ハンバーカーブームのようで、ガイドブックまで出版される始末。

 ⇒ ハンバーガーブック 完全保存版
タカアンドトシも「欧米か!」なんてテレビで連呼してるくらいですから、
覆面B級グルメライターのわたしとしても弱音を吐いている場合ではありません。
そこで、今回の本格ハンバーガー食べ歩きのターゲットは、
キング・オブ・バーガーショップとしてハンバーガーの名店との誉れも高い
あのBAKER BOUNCE/ベーカーバウンスへ突撃取材です。
BAKER BOUNCE/ベーカーバウンスは東京ミッドタウンにも出店しておりますが、
東京ミッドタウンはイメージ的にB級グルメには馴染まない気がしますし、
もしかして場所代の分を値段に上乗せされてたら嫌だなぁ〜
という、超セコイ経済的かつ貧乏性な情けない理由から、
世田谷区は八幡通り沿いにひっそりと佇む三軒茶屋店に行ってみました。

BAKER BOUNCE/ベーカーバウンス三軒茶屋店は
茶沢通りのゴリラのビルの角を曲がった住宅街にあります。
'60年代アメリカンダイナーのレトロな雰囲気の三軒茶屋店は
ちょっと駅から遠いにもかかわらず、お店の前は入店待ちの行列で
さすがにキング・オブ・バーガーショップと期待に胸が膨らみます。
注文したのは一番人気のベーコン・チーズバーガー。
席に届いたそのハンバーガーを見て、まず直径12センチという巨大さと
見た目のインパクトに圧倒されること請け合いです。
ベーカーバウンスのベーコンチーズバーガー.JPG
ベーカー・バウンスのパティは肉を機械でミンチにするのではなく、
包丁で細かく切っているので肉を食べている食感が強いです。
非常にガッツのあるハードな食感のハンバーガーですね。
ベーコンも自家製スモークのこだわりの品をカリカリに焼いてあり、
とろけるチェダーチーズとの相性もバッチリです。
ベーカー・バウンスはほとんどの食材が手づくりというこだわりで、
ケチャップですら時間をかけて作られたオリジナルですので、
是非、手づくりケチャップの味も楽しんでみてくださいね。
ベーカー・バウンスのハンバーガーには全てフレンチフライと
コールスローがセットで付いてくるのも嬉しい配慮ですよね。
ハンバーガー単品じゃ寂しいと色々サイドメニューを頼んだら
結局は相当な支払い金額になってしまって青くなったなんて経験は
誰もが一度や二度はしているのではないでしょうか?
そこへいくとベーカー・バウンスは最初からサイドメニューがセットで
しかもドリンクは頼まなくても水だけでOKという太っ腹。
まさにキング・オブ・B級グルメであるハンバーガー屋の王様です。
大満足してベーカー・バウンスを出たついでに三軒茶屋散策をし、
帰路という段になってわたしと連れの胃腸に異変が…
度重なるハンバーガー食べ歩きで弱った軟弱な胃腸には
ベーカー・バウンスのハードな食感のハンバーガーは重すぎたのか
ボディーブローのように効いたダメージが腹痛となって現われました。
キング・オブ・バーガーショップ恐るべし!
皆さんもベーカー・バウンスにハンバーガーを食べに出かける際には、
しっかりと胃腸の調子を整えて臨んだ方がいいかもです。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。