スポンサードリンク

北鎌倉名物光泉の稲荷ずしは売り切れ必至の老舗の逸品


鎌倉駅から一駅の北鎌倉は緑深い鎌倉の自然や落ち着いた雰囲気で
円覚寺、建長寺、東慶寺を始めとする神社仏閣が多くあるので、
鎌倉ならではの散策にはもってこいのスポットです。
そんな北鎌倉名物として有名なのが、北鎌倉駅本改札正面にある
光泉の稲荷ずしなのです。
北鎌倉名物の稲荷ずしで有名な光泉の店舗は、
北鎌倉らしい趣きあるレトロな店構えで北鎌倉駅前にありますが、
店舗は構えていても現在はお持ち帰りのみの扱いのようです。
北鎌倉光泉店頭.JPG
光泉の店内は何か懐かしさを感じさせる昭和の香りが漂っていて
店内から見える庭の風景は古き良き日本を感じさせる
本当に情緒溢れる鎌倉らしい景色です。
こんなお店でのんびりとお茶でも楽しめたら、
贅沢な時間が過ごせるだろうなぁと思ってしまいました。
老夫婦のみで切り盛りしているようで、店内の接客まで手が回らない
ということで現在はテイクアウトのみになっているのかもしれません。
北鎌倉光泉店内.JPG
さて、光泉の稲荷ずしは一箱650円です。
一般的なお稲荷さんの形とは違い細長いのが特徴で、
口当たりは上品なのですが、ジューシーな油揚げから
しっかりとしたコクのある味付けがジワジワと染み出してきて、
意外にも稲荷ずしのわりには食後感が満腹に近いものがあります。
北鎌倉名物光泉の稲荷ずし1.JPG
付け合わせの紅ショウガと一緒に食べると、甘辛い味が引き立ち
まさに後を引く絶品の美味しさといえるでしょう。
持ち運びも手軽ですし、屋外でも手軽に食べられるので、
光泉の稲荷ずしは北鎌倉散策に絶好のお弁当だと思います。
北鎌倉名物光泉の稲荷ずし2.JPG
そんなことから光泉の稲荷ずしは北鎌倉名物として
多くの鎌倉観光客から愛され続けているのでしょう。
実際に、光泉の稲荷ずしは北鎌倉を訪れる方に人気絶大のようで、
お昼前には売り切れてしまうことも多いと聞きます。
北鎌倉に立ち寄ったら、まずは駅前の光泉で稲荷ずしを買う
これが北鎌倉散策の鉄則といっていいでしょう。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。