スポンサードリンク

アメ横のチキンマンでローストチキンをテイクアウト♪


アメ横B級グルメを巡る食べ歩きの3回目は、
お持ち帰りのお土産にも絶好のローストチキンで行ってみましょう♪
アメ横の飲食店は最近は非常に充実している上に国際色も豊かになって、
B級グルメ食べ歩きには絶好のスポットになっています。
ただ人気店はお昼時になると行列待ちしていることも多くて
時間がない時などは悩みの種ではありました。
そんな中で、気軽に美味しく食べられるランチスポットとしては、
モーゼスさんのケバブをお勧めしたところです。
また、アメ横の飲食店街のテイクアウトのお土産には
キムチ屋ソウルの韓国風煮込み豚足なんてのもあって、
手軽に楽しめるB級グルメ食べ歩きはますます楽しくなっていくのです♪
さて、そんなB級グルメ食べ歩きの聖地ともいえるアメ横には、
手軽なランチやお持ち帰りのお土産にもピッタリフィットする
ローストチキンのお店もあるんですよ。
お店の名前は、鶏料理のお店らしくChiken Man/チキンマンといって、
アフリカン・ビールとチキン料理のお店として六本木にも店舗を構える
フランス風味付きローストチキンのお店です。

Chiken Man/チキンマンのアメ横店はアメ横センタービルの並びにあり、
近くにはモーゼスさんのケバブの店舗もありますよ。
入口には「鶏」と白く染め抜かれた暖簾が下がっていますし、
ローストチキンが連なってグリルされているのが通りから見えるので、
お店の場所はすぐに分かると思います。
Chiken Man店頭.JPG
Chiken Man/チキンマンのトレードマークロゴは、結構特徴があって、
店頭にも飾られていますし、店員さんもロゴTシャツを着ているので、
それを目印にしても見つけやすいかもしれません。
Chiken Manロゴ.JPG
お店は店頭にベンチが置かれたこじんまりしたスタイルで、
店頭のベンチで軽食感覚で食べることももちろん可能ですが、
どちらかというとテイクアウト中心のスタイルだと思います。
気軽に覗けて気軽に買えるというのもB級グルメとしては高ポイントです。
メニューは一羽、ハーフサイズ、1/4サイズのチキンのみか、
1/4チキンとハーブライスかポテトの軽食セット、ポテトのみ、
というシンプルかつリーズナブルな構成になっていますので、
その時の気分やニーズに合わせサイズやセット内容を選べるのも嬉しい♪
チキンマン メニュー.JPG
わたしの場合、今回はお持ち帰り用の1/2サイズのローストチキンを購入。
皮がこんがり焼けたチキンはビールのお伴にもピッタリで、
内側はジューシーな鶏肉がとても美味しかったです♪
チキンマン ハーフサイズ.JPG
ところで、チキンマンのローストチキンは
フランス風の味付けということを謳っていますが
どこがフランス風なのかは食べてみた感じではちょっと不明。。
でも美味しければ何風でも関係ないですよね。
最近は街中でこういったローストチキンの軽食店を良く見かけますので、
見かけたらまたトライしてみようと思いました。
みなさんも上野アメ横にいったら、緑の丸いロゴが目印の
Chiken Man/チキンマンのローストチキンを試してみてください。
ちなみにChiken Man/チキンマンの六本木店はこちら、
イシワタビル6Fで、アメ横店とは違い、バースタイルの店舗です。
こちらは店内で一杯やりながらチキンを楽しむ感じのお店ですね。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。