スポンサードリンク

丸ビルウエストパークカフェのミディアムレアバーガー


本格ハンバーガー探訪の旅を続けています。
ハンバーガーの連食は身体と胃袋には相当にこたえますが、
アメリカ文化の洗礼を受けている世代の人間としては、
アメリカ食文化におけるB級グルメの代表食ともいえる
ハンバーガーの真髄を知らねばアメカジを語る資格すらない
という訳のわからない使命感に燃えているのです。
そこで、「別冊Lightning ハンバーガーの本」を頼りに
手当たり次第に本格ハンバーガーを制圧していこう!
という無謀な食べ歩き作戦を展開している状況を実況しています。

 ⇒ ハンバーガーブック 完全保存版
さて、今回のターゲットとなる本格ハンバーガーショップは
東京丸の内の丸ビルのオープンとともにスタートしたカフェ
WeST PArk CaFE/ウエストパークカフェです。

丸の内ビルディング5Fに位置するウエストパークカフェは
アメリカンカジュアルレストラン&カフェを忠実に再現する
というコンセプトに基づき作られているだけあって、
客層のメインターゲットは在留外国人ということで、
実際の客層も7:3の割合で外国人が多いカフェレストランです。
ウエストパークカフェの本格ハンバーガー、WPCバーガーは
つなぎなしの100%ビーフで220グラムの大きなパティと
レタス、オニオン、トマトというシンプルな具の組み合わせ。
ウエストパークカフェWPCバーガー.JPG
塩・コショウのみのシンプルな味付けでグリルされるパティですが、
WPCバーガーの大きな特徴は、パティの焼き加減を指定できること。
WPCバーガーのパティの焼き加減はステーキのようにレアから
ウェルダンまで五段階の焼き加減を注文時に指定することができます。
店長おススメの焼き加減はミディアムレアだということで、
ミディアムレアのWPCバーガーを注文してみました。
ミディアムレアの絶妙な焼き加減で火を通された特大ビーフ100%パティは
肉本来の柔らかさを堪能することができる非常に美味なものです。
ただし、相当に血の混じった肉汁が滴り落ちますので、
生肉っぽいのが苦手な人はミディアム以上の焼き加減がお勧めです。
パティの肉質に自信があるからこそできる焼き加減の指定なのでしょう。
WPCバーガーは特大パティにも関わらず食後感は胃もたれも感じず、
胃腸にも優しい食べ応えだと感じました。
丸の内にでかけた際には、素材の味を生かした
アメリカンスタイルの本格ハンバーガー
ウエストパークカフェのWPCバーガーを是非試してみてください。
バーガー以外のドリンクを頼まなくてもお水を出してくれますので、
丸の内にもかかわらず意外に安く食べられますよ。


スポンサードリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。